プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


過去のDVD発売中

房総半島の田舎に引っ越して以降、しばらく身の回りのことが忙しくて、講演会等を休んでいた時期がありましたが、その間、自分が行う講演会やイベントに関して、どのような形にするか、ずっと考えていました。
そして、最終的に決めたことは、奇抜なパフォーマンスをしたり、笑いを呼んで、その場で楽しむだけのエンターテイメント性ではなく、しっかりと知識として残る、中身勝負のスタンスを最優先に考えるということ。そして、集客目的で余計な遊びの要素は入れない。また、出演者には、DVDとして販売し、売上を還元することも伝えているので、その後何年か経過しても、十分見ごたえのある内容にしてもらうべく、他のイベント以上に頑張ってもらうようにお願いしています。
それで、クオリティーの高いイベントにせねばなりませんから、どうしても準備に時間がかかる訳なのですが、結果的に、参加して頂いた方のほとんどは満足してくれているようなので、また次も頑張ってみようかという気になって、他ではやらないようなクオリティーに仕上げるべく、あえて高いハードルを課して、また準備を行うというサイクルです。それから、私のスタンスをご存じの方は、結構、遠方から飛行機や新幹線を利用して来て頂いているので、余計にいい加減なことはできないという気持ちにもなります。
もちろん、複数の出演者で行うイベントに関しては、せいぜい年に1・2回しかできません。自分は芸能人ではありませんし、本業は研究・執筆活動にありますから、その時間を最優先に考えないといけないので、単独講演を入れても年数回程度でしょうか。
先日の山口敏太郎さんと北芝健さんとのトークショーでも、こだわりの構成にしましたので、エンターテイメント性を含めながらも、かなり知的なイベントに仕上げたつもりです。DVDは完成まで1カ月程度かかる予定ですが、その際はご覧頂けましたら幸いです。

尚、前回(2月)に益子祐司さん、深月ユリアさん、早苗ネネさんと行ったトークライブ『超不都合な超常科学トーク 2015』のDVDは既に発売致しております。声の逆再生で露わになる無意識(リバース・スピーチ)、死者とのチャネリング現象、そして、UFO・宇宙人の問題に真剣に向き合ったイベントでした。どうぞご覧頂けましたら幸いです。


DVD詳細: http://www.keimizumori.com/dvdcd.html#event20150228

dvd20150228.jpg

5月31日開催水守啓講演会DVD: http://www.keimizumori.com/dvdcd.html#koen20150531

dvd20150531s.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |