プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


天の川

冬の夜は、たまに空を見上げ、オリオン座、カシオペア座、北極星などを見ることがありますが、視力が悪いので、それほどまじまじと見上げることはなかった。そんなこともあって、冬よりも空気が澄んでいない夏の夜空を観察することもほとんどありませんでした。
しかし、先ほど外に出てたので、ふと夜空を見上げてみました。すると、視力の悪い自分でも、はっきりと天の川が見えた! こんなに大量の星があるとは思わなかった! 冬よりも星の数が多い! さすがに横浜の実家から子供の頃に天の川を観察した記憶はない。やはり、田舎の山の中だから見えるのだと思う。
考えてみたことがないけど、日本のどの地域でも、田舎で周囲に明かりがなければ、やはり同様に見えるのだろうか? 星座の知識はほとんどないので、何とも分からないけど、星の数にびっくりした!
そして、流れ星を目にした。これもかなりの久々の体験だ。
風呂上りで短パンで空を見上げていたので、足じゅう蚊に刺された。さすがにつらくなって、天の川にサヨナラを言った。
地方在住の方、天の川は見えていますか?

スポンサーサイト

コメント

天の川

こんにちは。

山形の山奥から山を降りて、この間の講演会に伺った山人です。

天の川、見えますね〜。

日が沈んだ後、月が出ていない夜、電灯が全くない山の中では、本当の暗闇になります。

しかし、少し目がなれてくると、数え切れない星が段々と見えるようになってきて、しばらくすると天の川のラインがシッカリと浮かび上がってきます。

そこを流れ星が流れると、幻想的で感動ですね〜。^^
お金では買えない価値があります。

来月のペルセウス流星群の極大日には、晴れたら星への願い事にチャレンジしようかと思っています!!^^

是非そちらでも夜の天体ショーをご覧になってください!!^▽^)
2015-07-22 16:13 山形の山奥の山人 #mQop/nM. URL [ 編集 ]

山人さん、先日はありがとうございました。
そうですか、山形の山の中でも見えますか。アバウトに言えば、南北ライン上ですかね。ここ数日、雲もなかったので、ちょうど良いタイミングだったかもしれません。
視力回復のトレーニングになるかもしれませんが、首が痛くなりました。(笑)
ご報告ありがとうございました!
2015-07-23 00:05 keimizumori #v5lfmkqE URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |