プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


「ソロモン諸島のUFOと巨人」第二話

「ソロモン諸島のUFOと巨人」の第二話がトカナに掲載されました。
近年、再び脚光を浴びつつある巨人に関する話です。
巨人もUFOも、その背景に関しては第四話で明らかに?

http://tocana.jp/2015/07/post_6767.html

スポンサーサイト

コメント

化学兵器による遺伝子操作

兵器により、生まれたものは隠蔽されると考えられることもありますよね。巨人は今もいますか?UFOやエイリアンは、連れて来れますか?見ない限り信じませんが、自分でその存在を作り出す人もいますよね?
2015-07-07 23:03 Chamou #HtBa5oU. URL編集 ]

イメージとは

そうであるかのような画で、必ずしもそうではないという写真などのことです。
2015-07-08 07:22 Chamou #spGBa15c URL編集 ]

世界の歴史を作るアカデミズム界には、文明世界の文献は尊重しても、第三世界の文献はそれほど尊重しない傾向があるようで、これはあまり中立的でも客観的でもないように思います。時の権力者が意図的に真相を歪めて文献に残すこともあるので、もちろん、そんな可能性すら考える訳ですが、世のメディアはそんなことよりもまずは受け売りの事実報道で、それは新聞社にいて痛感したところです。関心がなければ、学んでも身に付かず、話にもついていけないというのはありますが、長年、メディアが仕事を果たせてこなかったことを考えると、情報に接してこなかった人とのギャップはさらに大きくなってしまっているのが現状だと思います。
個人的に、これからしばらく多忙が続きます。連絡頂くすべての方にお返事ができている訳ではありませんので、ご容赦ください。
2015-07-08 18:12 keimizumori #v5lfmkqE URL編集 ]

エイリアンは連れて来れないのですね

エイリアンのイメージも前から出来上がっていて大体人間から省いていった感じを、見たという人は絵に表すようですが、以前からあるエイリアンのイメージで自分が作った幻のような気がします。だから、次の日影響がなく話題にもならないので、誰も信じないでしょう。見たいです。
2015-07-09 00:41 Chamou #JptVTPmk URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |