プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


水と土地

水は流れるときに不思議に蛇行する。それも、あるリズムを持って蛇行する。起伏のない傾斜を人工的に作って、水を流してみても、やはり蛇行する。かなり大きな窪みがあれば、確かに水はそこに流れ込む傾向は無視できないものの、地形とはあまり関係せずに蛇行して流れる。谷底ばかりを流れるのではなく、激しい勾配を避けるかのように蛇行する。意志を持っているかのようである。
右に曲がるときは、右回転の渦を作り、螺旋運動を増す。左に曲がるときは左回転の螺旋運動ができる。そして、カーブの外側の岸を削り、細かい粒子をインコーナーに運ぶ。長い年月とともに、外側はどんどん削れて、断崖が形成される傾向があるが、インコーナーでは面積を広げて肥沃な土地になる。
だから、昔から川のインコーナー側は縁起の良い土地であり、外側は削られていく、難のある土地だと考えられてきた。都市化が進み、地表が人工物で覆われると、自然の素顔が見えなくなる。
植物も動物も、様々な種類が居て、自分たちが好む住処がそれぞれある。ある動物に好まれる場所が人間の住処にもふさわしい訳ではない。都会の街並みを見たとき、緑に覆われていた時の原風景を思い浮かべることができれば、その土地がどんな性格を持っているのかが見えてくる。それは様々な形で人に影響を与えている。
人間が健康に生きていくためには自然観察が不可欠だ。これまで、本や記事、講演会等で触れてきたものの、自然の神秘は無限大の価値を持つ。

スポンサーサイト

コメント

汚染された土と水では

その場合、逆にインコーナー側に汚染物質が集まり病気が増える土地になる訳ですね。
2015-07-04 08:03 Chamou #56t2qQ4. URL編集 ]

そういうことではないです

インコーナー側の土地であって、インコーナー(先端)ではありませんよ。川岸はどこでも危ないので、人は住みたがらないですし、せいぜい農地利用でしょう。広くインコーナー側は遠心的・破壊的なエネルギーを受けなくて済む土地で、別な言い方をすると、自然の求心的なエネルギーを取り込める土地で、いわゆる「気」の通りが良いところとされています。もちろん、水が淀むことがない、中・上流域で流速のある場所がベターです。
自然界に生まれる螺旋運動は遠心的ではなく、求心的なものであるとシャウベルガーが主張したように、内側は自然のエネルギーを取り込み、運気を上げることに関係しているように思います。また、インコーナーではあまり崖が生じにくいので、実用面でも、水を汲みに行ったり、船を停泊させるのも楽で、便利なこともあって、インコーナー側で暮らす人たちは概して裕福になったと言われてきたのだと思います。
因みに、川でなくても、自動車が通るカーブの道路においても、インコーナー側に福が多い傾向があるようです。遠心的な運動エネルギーが外側に散る際に単なる風以上のものを浴びるのではないかと思います。
講演会で話しましたが、卵型の容器に水とシリカの粒子を入れて、底の栓を抜いて形成される渦は、求心的な運動です。それによって、シリカ粒子にマイナス帯電が促され、水の表面張力が落ちて、求心的なエネルギーを取り込んで、健康水が出来上がります。求心的な螺旋運動が鍵のようです。
2015-07-04 23:08 keimizumori #v5lfmkqE URL編集 ]

良かったです

そう言うことではなくて良かったです。
2015-07-05 07:24 Chamou #VmlEu2pg URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |