プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ばら撒き

なかなか忙しくて、現在借りている一反という広さの畑はすべて使い切れていません。耕耘機でも使えば、もっと効率が良くなるのでしょうが、今度の畑では、どのぐらいの広さまで人力で対応しえるのか、探っているところもあります。梅雨の頃は、どうしようかと思うほど雑草が生長するスピードが速かったのですが、今は、落ち着いてきました。

畑からは、様々な雑草が生えてくるのですが、その中に、雑草と思えないものも大量に生えてきます。前に使っていた人が、様々なタネをばら撒いていたようで、例えば、5・6月頃は、トマトが大量に生えてきていました。
それで、一部のトマトをそのままにしておいたところ、どうもミニトマトだったようで、最近、少し収穫できています。

そのままにしたというのは、周りで少しばかり草むしりをしたものの、支柱すら立てず、脇芽も取らず、ただ放置です。つまり、地面に倒れて生えているのですが、それでも収穫できています。
同様にして、カボチャも生えていて、そのままにしていたら、今や立派なカボチャが十数個は実っていて、本日、一個収穫しました。他にも、ふだん草やサラダ菜のようなものも生えてきて、時々収穫しています。

畑を借りてから2ヶ月が経ったため、サツマイモ、落花生、大豆等を植えて、雑草放置状態の場所は減ってはいますが、意外と、ばら撒き状態で野菜は育っています。
但し、雑草の勢いに負けてしまうとダメで、ある程度は草を刈る必要はあります。刈らないと、背丈を超えるレベルの草で覆われてしまい、さすがにそんな放置状態の場所では、野菜は育っていないようで、そんな場所では、それらしきものはあまり発見できません。
どのぐらい雑草を放置・利用するかというのはだいたい分かってくるので、こんな方法で野菜を育ててもいいと思いますが、ばら撒き状態で困ることは、どこに何が生えているのか分からず、つい、様々な野菜の苗を踏みつけてしまうことです。部分的に掘り返した際に、ちょうど生えてきていたものを掘り起こしてしまった、ということも起こります。あまり効率や収量を考えなければ、それでもOKでしょう。
ただ、ばら撒きで畑を使っていたら、近所の人が荒地になりつつあると感じで、草刈りに来てしまうかもしれませんね。(笑)

まあ、とりあえずは人力でやっているということで、半分は、普通にここは畑だと分かるような栽培法を行い、奥の方のもう半分は、手抜きのスパルタ式で、最低限の草刈りでやっていこうかと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |