プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


『リバース・スピーチ』絶版&時間逆転現象

2013年8月下旬に出版された『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)が、発売後わずか1年半で絶版となりました。これは、学研グループの出版社3社が3月末で統廃合された関係で、もろに影響を受けたものです。去年の暮れにCSファミリー劇場『紅白オカルト合戦』に出演してリバース・スピーチに関してプレゼンを行い、今年1月にはFM Nack5(ラジオ)に出演して紹介するなど、ようやく注目度が高まってきたものの、それよりも前の1年間の売り上げが芳しくなかったので、切り捨てられたようです。今年2月の時点で知らされていたのですが、実際にネット書店での在庫切れ表示を見て、改めて確認。古書では高額取引されてしまっているので、なかなか情報が伝わらないのも残念です。
リバース・スピーチとは、ヒトの声を録音して、逆再生すると、意味を成す言葉が聞こえてくるという現象で、多くの場合、発言者の無意識を投影しているものです。これは、何となくそのように聞こえるという空耳現象とは異なります。無意識、高次元の世界では、時間は逆に流れていると思われるのですが、その驚愕の事実を垣間見れるのがリバース・スピーチ現象だと考えられます。
これまで多くの思想家だけでなく、科学者たちも、時間とは過去から未来へ直線的に流れるものだとは考えてきませんでした。物質世界では、時間は過去から未来に流れていくと感じられるものの、無意識、高次元といった世界では、時間は逆方向に流れていくと感じられます。それらを合わせて、すべてが一瞬の出来事だと捉えることもできます。

先日5月31日の医療をテーマにした講演会において、例として、ホメオパシーがエーテル体レベルで効くといわれる所以を独自考察しましたが、それは、時間を逆行しうる、無意識、高次元の世界に関わることができるライフ・フォース(生命力)をレメディに含んでいるからだと図解しました。物質世界と向こうの世界との狭間、つまり、双方に同時存在しえるのは、精妙な波動を有するもの。退行催眠によるトラウマ克服法と比較して、時間を遡ることの意味を説明しましたが、時間が逆行する向こうの世界とかかわることで、アロパシー(物質的な治療)では困難な治療を、シャーマンのような代替療法家がなしえる理由をも説明しえるのではないかと思っています。
これは決して馬鹿にできない現象で、その一面がリバース・スピーチに現れているにすぎないと感じています。過去30年間無視されてきたことを考えると、これが一般の人々に理解されるようになるには、あと50年ぐらいかかるのか、100年以上かかるのか、まったく予測できません。
しかし、理由はよく分からないが効くという代替療法のメカニズムなどと合わせて考えることで、この時間の概念に関して次第に理解が進んでいくのではないかと考えています。おそらく、リバース・スピーチ単独では馬鹿にされ、相手にされないテーマだと思いますが、時間の逆行に関わる代替療法の話題と絡めることで、突破口ができるのではないかという希望は持っています。

という訳で、「リバース・スピーチ」は希少本になってしまいましたので、まだ読んでいらっしゃらない方で、書店で在庫を発見したら、是非お求め頂きたいと思います。
また、私が2月のイベントでリバース・スピーチ現象を音声付きで解説したDVDがございますので、ご興味ある方は、どうぞ参考にして頂きたく思います。
http://www.keimizumori.com/dvdcd.html

5月31日の講演会で語った内容に関しては、そのうちDVDとして販売いたしますので、その機会にホメオパシー、予防ワクチン、退行催眠の類似点と時間の逆行との関係性等を考えてみて頂けましたら幸いです。意外な発見があるのではないかと思います。


スポンサーサイト

コメント

え~、そうなんですか?

書店の方から、出版社へ問い合わせてもらいましたところ、在庫切れと言われてしまいました。向こうの世界というのが、いいですね。
2015-06-09 16:27 Chamou #jW/fHAm2 URL編集 ]

残念ながら、そうゆうことになりました。次回のイベントの際に何冊か持っていく予定です。
2015-06-09 20:18 keimizumori #v5lfmkqE URL編集 ]

華原朋美さん

華原朋美の歌は、同じ歌詞、同じ人物が歌っていても、前と今では、違うリバース・スピーチが、現れますよね?ライブでは、CDより、数段美しい歌声ですが、この方表と裏が同じで正直なので、過去と現在のライブでは、同じ歌でも、その時によって違うリバース・スピーチが、現れますよね?昨日、山口敏太郎さんが、おっしゃってましたが、華原朋美さん自身が、一緒に書いた歌詞の中に未来を予言するような内容がたくさんあり、何も見ていなくても状況を創造出来るので、この方も降臨させられますよね?コンサートでは、どんなにファンで行ったとしても途中で飽きてしまいますが、華原朋美さんは、全くそんなことなく素晴らしいので、それは純粋で本音と建前がなく一致しているからですよね?
2015-07-19 08:55 Chamou #mZua/iyA URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |