プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


リフォーム

引っ越して一か月半ほどになりましたが、まだ一部の荷物が片付いていません。
というのも、納戸の壁にまだ漆喰が塗り終わっていないからです。時間がかかっている理由は、以前にも書きましたが、ネズミ騒動や床下湿気対策等に時間がかかっているからです。
ただ、ようやく、面倒だった通気口の3ヵ所増設が一昨日終了。一ヵ所は写真の通りです。
他の2か所は外壁が汚いので、写真の公開はなし。(汗)
kankiko-1.jpg
また、昨日、床下への防蟻・防腐剤散布もようやく終了。無農薬で野菜を作っていることを考え、できるだけ無害な薬剤を選び、一斗缶(14リットル)を2回に分けて、防毒マスクにゴーグルのいでたちで床下に潜り、30坪超の広さを体をよじりながら散布。
これで、床下の湿気・白蟻対策は8割方終了。あとの2割は?というと、建物が2回増築がなされ、基礎に問題があるので、やはり床下に潜って、通気を確保すべく、基礎にドリルで穴を開ける必要があります。今度は、ネズミ除けのネットは不要で、見た目も気にする必要はないのでいいのですが、すべて床下での作業のため、それがネックです。まあ、これはそれほど急がないので、気が向いたときにやろうと思います。

それで、これからようやく納戸の漆喰塗りに移れます。実は、既に漆喰塗りは始めているのですが、何せ、漆喰は乾燥に時間がかかるだけでなく、3度塗りが必要なので、手間がかかります。納戸と廊下を合わせて塗っているため、最初の塗りに3日間、トータルで9日間は必要。一度塗ったら、1週間以上は経過してからでないと、次の作業に入れないので、なかなか進まないというところです。
納戸のように暗い空間は、照明があっても暗いので、壁は白にすることにして、あとは健康によく、湿気管理の関係で、漆喰となりました。まあ、まだしばらく時間がかかり、荷物はそれを待ってからの移動ということになります…。

もちろん、仕事、庭の管理、借りている畑約一反の管理等もあるので、そんな中、まあ、頑張っている方なのではないかと…。下が、引っ越してから植えて育ってきた庭の野菜たちの写真です。トマトが過剰に育つので、写真を撮った後、畝を高くしたというか、溝を掘ったというか、水はけを改善させました。畑の写真はいずれ公開したいと思いますが、今は雑草が…。(汗)
niwa062913.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |