プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


臨時代講のはずが…

去年の暮れ、学習塾を経営しているという地元の方と知り合って、「理科の先生がいないんですよねぇ~」という話をされて、どうですか?っと言われた。できない訳ではないですけど、あまり時間は作れそうにないんですが・・・という話はしたんですが、冬休みに臨時代講で中3の理科を2回だけ頼まれてやったんですね。過去3年分のまとめだったので、準備するような時間もあまりなくて、そこそこ大変だったんですが、その後しばらく忘れていたんですね。
それで、最近、また頼まれたんですね。「こりゃ、大変だなぁ~」と思ったのが高3数学。学生時代には塾や家庭教師でやってはいたけど、もう25年ぐらいやっていない。先生が風邪ひいたとかで、代講とのこと。で、具体的にどこをやるのか分かれば、そのあたりを準備して、何とかできるかも…ということで引き受けたんですね。
でも、テキストは手元にない。仕方ないので、ネットで少しカリキュラムを調べて、やる予定のところを見て、準備して行ったんですが、「前回、そこ終わりましたので、そのあとからです」と生徒に言われちゃって、ビビったよねぇ~。「え~!」って感じ。
しかも、テキストの練習問題の答えがないんだよね~。学習塾の人も、その解答がないんですよね、って。という訳で、生徒にその場で初めてテキスト見せられて、その場で問題を一緒にやるという流れ。もちろん、生徒よりも先に答えを出して、答え合わせに解説しないといけない。焦りましたが、まあ、幸いと言ってはいけないけど、生徒は優秀すぎる訳ではなく、何とか自分が解く時間があって、無事こなしてホッとしたんですね。
それで、終わった後、「今の先生がもう時間が取れないし、高3数学は難しくて続けられない」と。「えっえ~!」って感じ。
という訳で、僕も仕事の忙しい時は厳しいし、本当に続けられるのかわからないので、日程の変更等、流動的になっても構わないという条件での当面、という感じでやることに。実質、週1回もないのですが、この先、しばらくプレッシャーですね…。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |