プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


つくる顔、つくられる顔

本や記事を書くとき、当たり前だけど、普段の喋り言葉では書かない。僕の場合は、である調でガンガンと進めるタイプ。また、本文は自分で書いていても、タイトルや見出しは全部編集部ができるだけセンセーショナルになるように仕上げる。という訳で、実際に自分のことを知らない人は、とっつきにくく、キツイことを言う人間だと思うかもしれない。また、よく知っている人は、ずいぶんと過激になっているね、という印象を持つ。
いくらかは自分で作るものの、つくられる顔もある。タイトルや見出しはかなりインパクトがあって、本文ではそんなこと書いてないんだけど…と思うようなことはいつものことなので、できるだけ気にしないようにしている。
テレビなんて、時間が限られているので、実際と異なる人物像が独り歩きしやすい。だから、友人・知人たちをテレビを通じて見ても感じるけど、ありのままの自分が出せている人は滅多にいないと思う。例えば、本業ではすごい人なんだけど、全然そんなこと触れられずにおバカな紹介をされるだけとか、かなり多い。だから、多くの人が誤解して先入観を持つ。
僕は、新聞社で働いていたことがあって、その後フリーでジャーナリストをやってきたので、事実関係をきちんと示せないことはなかなか書く気になれないので、自分では書かない。超常現象も大半は誤認に基づいていると考えているので、自分は慎重派ですが、字数も増えるので、わざわざそんな自分の経歴やスタンスをプロフィールに加えることはしていません。説明を増やしてもあまり大きな違いは生まれない。
人は多くの場合、的を射ていない他人の意見・感想・批評等の情報を参考にして、自分で確かめずに先入観を持って見るので、その在り方自体を変えることはできないし、それを考えることにあまり意味はないと思う。むしろ、そんなことに対する許容力を広げれば、少なくとも内部事情を知る人々からの理解は得られるようになると信じたい。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |