プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


報道ステーション 古館vs古賀 リバース・スピーチ?

3月27日夜、報道ステーションにおいて、最後の出演となった元官僚の古賀茂明氏と、番組キャスターの古館伊知郎氏との間でバトルが展開された。話題はもちろん古賀氏降板の背景に関すること。
どんなリバース・スピーチが聞こえてくるのか? あまり時間もないので、表音依存度のレベル判定を行っていないため、暫定的なリバース・スピーチではありますが、一部をご紹介しておきます。(ヘッドフォン要、パソコン推奨)

古館: これ止めましょ、古賀さん。これ見ている方、よく分からなくなってくるので。
古賀: それはやめましょ。それあやめましょ。はい。それはやめましょ。いや、だからボクは




(mp3)
 

この会話を逆再生して聞こえてきた暫定リバース・スピーチは下記である。

古賀: ボク、絶対 許されないです。
古館: なんらかの、どこへ、誰に目をこら、なんかもっとしょうがないやろ?




(mp3)
 


上の会話の直後に次の会話が来る。

古賀: どんな動きが進んでいるのかなと。
古館: ごめんなさい、ちょっとごめんなさい、時間が・・・。
古賀: だから、そうゆうこと言わないでほしかったんですよねぇ~。




(mp3)
 

この会話を逆再生して聞こえてきた暫定リバース・スピーチは少々上級者向けだが、下記である。用意していたフリップを見せられず、古賀氏は不満を募らせたようである。

古賀: あのねぇ~、いつもそれ見ながらずっと思ってたんだからな
古館: なんでそんなこと
古賀: そんならこれで最後がの




(mp3)
 

「そんならこれで最後がの」というリバース・スピーチ通り、古賀氏は最後にガンジーの言葉を載せたフリップを出して話を結んだ。

分析結果
実際に古賀氏に対しては様々な方面から圧力があったのは事実と思われるが、リバース・スピーチを聞いてみると、古館氏に対してもいくらか疑心暗鬼が芽生えていたことが感じ取れる。

驚異のリバース・スピーチ:
http://www.keimizumori.com/reversespeech/


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |