プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


健康の均衡状態を示す立体天秤図?

去年、『底なしの闇の癌ビジネス』(ヒカルランド)という本を書いて、ガンの治療法は何十年も前に確立済みだったことを示しました。ただ、書き終わってから、ガン発症の下地にもなる、「健康のバランス」を示す概念図を描きたいという気持ちが出てきました。
もし、体(血液)が酸性とアルカリ性のバランスを保つようなことだけを示したいのであれば、シーソーや天秤のような図を描いて、上下に振れるだけを説明すればいいのでしょうが、様々な症状に対応できるようなものを描きたい。そう考えて、頭を悩ましているのですが、現時点では、そんな均衡を保つ天秤の図は、立体的で、どうも螺旋形になりそうな感じがしています。色や音、周波数なども入ってくるもので、ひょっとすると、二重螺旋になるのかもしれない…。そして、どのような症状が発生した際に、どのような療法が効くのかをも図示できるような立体的概念図を描けないかと考えています。
まだ完全に納得いくものではないですが、5月後半あたりで、ガン、健康、代替医療関連の講演会を行って、バージョン1.0ぐらいの概念図として示したいと思っています。2月に単独で医療をテーマとした講演会を考えていましたが、内海聡先生と対談講演となって、具体的に突っ込んだ話をする機会が作れませんでした。そのため、次回は、医療の問題で、もっと突っ込んだ話をしたいと思っています。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |