プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


万物はアンテナ

万物はアンテナである。あらゆる周波数の電磁波、放射線、宇宙線を受信し、共鳴し、エネルギー(生命力)を得ている。得ているだけでなく、自ら周囲に発してもいる。誘電体アンテナに最適な常磁性物質……。古代人はそれを知っていた。だから、多くの古代遺構は常磁性の岩石を利用した巨大アンテナになっている。そして、受信した信号(エネルギー)を、自分たちで使用するだけでなく、地球環境のためにも役立てていた。これは自然を模倣しただけ。
我々自身が共鳴によってエネルギーを得るアンテナそのものだという理解に立てば、我々は簡単に健康になることができた。にもかかわらず、我々はそれを忘れ、争い事ばかりを起こしてきた。古代人と違って、我々は奪うだけ奪って還元してこなかった。本当は、奪うのではなく、ただ受け取る(受信する)だけ。何もせずしてやってくるものを、ありがたく受け入れ、同調すれば、すべての存在が、裸で同じ風呂に入っている友だと分かり、自ら受け取ったエネルギーも知らず知らずのうちに配っている奉仕者だということも悟るようになる。実感することが難しいとしても、その概念をイメージするだけでもだいぶ違うと思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |