プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ネズミの洗礼②

先日、壁の中でネズミが死んでいた話をしましたが、その後、ニオイはどうなったのか?
お陰様で、問題の場所でのニオイは、次第に消えて、気にならないレベルになりました。
おそらく、前に住んでいた人が、冬のうちに駆除剤を炊いて、ネズミが死んでいたものの、撤去せず、暖かくなってきたので、腐敗臭が強まってきたということだと思います。

まあ、これで終わりということにしたかったのですが、実は、他にもまだ臭う場所があります。ということで、屋根裏に登って、徹底的に?チェックしました。すると、もう一体、年代ものですが、問題の場所付近で、白骨化したネズミを発見しました。周囲にフンもあったので、合わせて掃除をしました。

ただ、白骨化したネズミやフンが臭うとはあまり思えません。他にもいるのではないか? そう考えて、天井裏に敷き詰められていた断熱材を剥がして、問題の場所付近を確認してみたところ、中にネズミが居た形跡を発見。フンが集まっていて、湿気も残っていたので、その断熱材ごと、処分しました。ただ、残念ながら?、断熱材の中に死体はなく、少し前までそこに居たのが、先日発見されたネズミだったのか、それとも、また別のところで死んでいるのか、何とも微妙な状況です。通常は二匹いると言われてますので…。ただ、とりあえずは、臭いの原因となりそうなものを撤去したので、収まってくるかどうか、様子見というところです。

しかし、古民家というほどでもないですが、古い家だと、なかなか管理が大変です。基本、ネズミの侵入口をふさがねばなりませんが、いくつも可能性があるため、片っ端からやっていくしかありません。梅雨になり、なかなか作業が進みませんが…。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |