プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2月28日(土)夜 『超不都合な超常科学トーク 2015』ハイライト

2月28日(土)18:10-20:40、東海道かわさき宿交流館でトークショー 『超不都合な超常科学トーク 2015』を行います。既にお話ししてきたように、僕はリバース・スピーチに関してお話ししますが、時間が許せば、益子祐司さんや深月ユリアさんのお話にも加わる予定でいます。

益子さんはご存知のように『天使的宇宙人とのコンタクト』や『私はアセンションした惑星から来た』(徳間書店)を翻訳されるなど、50年代あたりの古い情報から、今日に至るまで、宇宙人情報に詳しい方です。そして、自らUFO・宇宙人コンタクティーでもあります。当日は、おそらくではありますが、ご自身の体験を含めながら、「彼ら」が我々に接触してくる意図に関して、あまり注目されてこなかった視点でお話し頂けるのではないかと期待しているところです。

また、トリを飾って頂く深月ユリアさんは、魔女の母親とシャーマンの父親を持つという遺伝&習慣から、瞬時に霊と繋がることのできる方です。今回、時間の許す限りではありますが、アドルフ・ヒトラー、湯川遥菜さん、松岡利勝(農水大臣)さんと繋がって、事の真相に迫ってみたいと思っています。もちろん、故人とはいえ、意志を持ち、どれだけ快く質問に応じてくれるか分からないのですが、例えば、ヒトラーはいつ死亡したのか?、ナチの残党は南米かどこかに逃げたのか?、生前の地下世界の探検で何を得たのか? 湯川さんは現在でも何か語りたいことがあるかもしれません。また、第一次安倍政権の時に自殺されたとされる松岡元農水大臣の死の真相はどうなのか? 本当は他殺なのか? 現在の第二次安倍政権に対して何か言いたいことはあるのか? 
純粋に真実を知りたいという気持ちから、様々な質問をぶつけてみたいところはあります。ただ、僕は霊能力は何もないので、そのあたりは当日の深月さん、そして、相手次第というところもありますが、可能な限り、真相に迫ってみたいと思います。また、当日ご参加頂く方の中から、この人は成仏されているのだろうか? 今はどうしているのだろうか? などのリクエストを頂いて、深月さんにみてもらうという機会も設けたいと思っています。そして、一体霊現象とは何なのか? 考察してみたいと思っています。 
 
また、忘れてはいけないのが特別ゲストの早苗ネネさんです。1968年に「じゅん&ネネ」としてデビューし、一世風靡した歌手、作曲家、エコロジストです。常に若くパワフルで、磨きのかかった歌唱力を披露して頂く予定になっております(下のサンプル曲参照)。スピリチュアルに関心の高い方で、日頃、アメリカや関西を拠点にしながらも、この入場料安すぎのイベントに、快く駆けつけてくれることになりました。生で歌声を聞くのは滅多にないチャンスです。当日はどの曲を歌って頂くのか、まだ内緒ですが、私も生で歌声を聴くのは初めてとなるので、出来れば観客席から聞きたいところもあるのですが、脇でお聞きするのを個人的にとても楽しみにしています。

28日(土)18:10~お時間の取れる方、是非ご参加頂けましたら幸いです!


早苗ネネさん サンプル曲:
「花のいろは」




(mp3)
 

「Night Landscape」




(mp3)


 
詳細&お申込み: http://www.keimizumori.com/events.html




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |