プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


リバース・スピーチの表音依存性、明瞭度、発見方法

人の声を録音して、逆再生すると聞こえてくる言葉がリバース・スピーチです。多くの場合、リバース・スピーチは発言者の深層意識(本音)が反映したもので、嘘発見器にもなることから、アメリカやオーストラリアでは犯罪捜査で活用された過去があります。

リバース・スピーチは、音楽を逆再生した際に聞こえるという点で関心が高いことから、多くの人が、実際に有名な歌手の曲を逆再生して、試し聞きしています。例えば、きゃりーぱみゅぱみゅの「PON PON PON」を逆再生すると、「死ね」と聞こえると話題になったことがありますが、リバース・スピーチ分析を行っている人間からすると、偶然の可能性があまりにも高いので、それをリバース・スピーチだとは考えません。もちろん、それがリバース・スピーチである可能性もない訳ではないのですが、短い単語がポツンと現れる程度では、判断が極めて難しいこともあって、あえてそれはリバース・スピーチではないと考えておくことにしています。

リバース・スピーチは、偶然の音(おん)の並びを超えて、本来ならありえない音(おん)として現れるもので、多くの場合、表で喋っている内容と関連性があるものです。検証するためには、リバース・スピーチと思われるところを、自分でも似たような口調で喋ってみて、逆再生して、同じように再現できるかどうかを確認してみます。簡単に再現できてしまうような短い言葉であれば、偶然の可能性が高いと判断できます(但し、表で語られている内容と関連性が強く、発言者の特別な発声(訛りなど、平均的な人の喋り方とは違う)の結果として現れているような場合は、リバース・スピーチの可能性もあるので、そのあたりは他の箇所でのリバース・スピーチ発生状況等と合わせて考えます)。
他方、どのように頑張って似せて発音してみても、なかなか再現できないようなフレーズが聞き取れるとしたら、それはリバース・スピーチと言える可能性は高いことになります。その内容が、表で喋っている内容と関連性があるかどうか、照らし合わせてみると、興味深いことが見えてきたりします。

音楽の場合、歌手は歌詞といういわばセリフを発声する行為です。これは、記者会見でマイクを向けられて喋る時とにて、あまり無意識が反映するような状況ではありません。もちろん、感情移入が素晴らしい歌手や俳優の場合、リバース・スピーチは現れますが、その場合は、表で喋る内容とほぼ同じような言葉が現れてきます。
レッドツェッペリンの「天国への階段」のようなケースは稀だと言えます。時に、ロックミュージシャンから悪魔的なリバース・スピーチが聞こえてくるケースがありますが、それに関しては、また後日説明したいと思います。

ですので、↓の検証方法では不十分というか、そもそも明瞭に聞こえていない事例を取り上げるのには無理があります。やはり、歌ではなく、会話やスピーチでやらないと、意識の問題(リバース・スピーチの明瞭度や発生頻度に影響)も考慮できないところもあります。また、スピーチで現れるという知識を持って音楽におけるリバース・スピーチ現象を見ていかないと、十分な検証はできないと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=4Dhixqqqd1g

また、きゃりーぱみゅぱみゅの曲の逆再生で不気味なメッセージが聞こえることに対して、陰謀論を語る人たちがいます。仮に、意図的にバックマスキング技術で逆再生時に聞こえるように編集した場合は、それは違和感を伴って判別できます。ビートルズ以降、いろいろな音楽家が行いましたが、それはリバース・スピーチではなく、陰謀でもありません。サブリミナルメッセージとして誤解され、攻撃される可能性が危惧されることから、バックマスキングにおいては、陰謀的なメッセージが含まれることはありません。過去に、アメリカでは警告文を含めるべきか、議会で議論されたほどです。リバース・スピーチとして聞き取れる音声は、同一人物の声だと認識できるものの、異なる次元から聞こえてくるような感覚があります。だから、編集で挿入しても調和しません。異質のものを埋め込んでしまう訳ですから・・・。

ところで、どのようにリバース・スピーチを見つけるのか? これは、実のところ、それほど簡単ではありません。多くの人は、まったく発見できないか、発見したとしても、偶然に聞こえてくるものを選んでしまっているケースが多いように思います。とにかく、何時間も、何日も、何ヶ月も、聞いて慣れるしかありません。逆再生のスピードは2割程度落として聞いてみるのが良いと思います。ラジオ局がそれぞれ異なる周波数の電波で放送を行うように、人によって異なるスピードの音声が、バックグラウンドとして流れる音声に割り込んでくるような感じで現れてきます。早く喋る人に対しては、再生速度を落としたレベルで合わせておくと、他のリバース・スピーチも拾えるようになります。再生速度を2割程度落として聞くというのは、早口であってもそのレベルであれば、対応できるケースが多いからです。
そして、慣れてくると、感情の乗り具合で、リバース・スピーチになりかけた不完全なレベルから、明瞭に聞き取れるレベルのリバース・スピーチまで、完成度に幅が現れる現象も見えてきます。それらは、場合によって、空耳だと思われる訳ですが、判定に関しては、表と裏の音(おん)の対比で、表音依存度としてレベル判定して評価します。

リバース・スピーチの発見には根気が必要です。音量もいくらか必要ですので、おそらく相当に疲れると思います。だから、僕も仕事で分析を頼まれても、1日1件でやめておきます。それから、僕は記者会見や公人の発言など、既に広く知られている音源を主に聞きます。家族や友人の音声を対象にはしません。これは、プライバシーの問題もありますし、トラブルの元となるからです。
リバース・スピーチ現象を前にしたら、人は丸裸であると悟ることになるので、結局、人に対して寛大にならざるを得ません。リバース・スピーチは、単に面白い現象として片づけられるものではなく、多くの問題をも投げかけるものです。実際にどのような音声が聞き取れるのか、「水守啓の驚異のリバース・スピーチ」においても一部紹介していますが、最新の事例は、28日のイベントでデモンストレーションしたいと思っています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |