プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


何かおかしい

過去4年間、痩せた荒地を畑として使用してきましたが、先日引っ越した関係で土地が変わりました。庭の畑スペースと、独立した畑スペースの両方を使用していますが、いろいろな点でこれまでとの違いを体験しています。

まずは、枝豆。これまで、鳥除けのヒモを一本張っておけば、直播しても問題なかったのですが、今度の場所では、あまりにも鳥が多く、ヒモを張っても効果なく、結局、全部食べられてしまいました。自家採種してきたタネなので残念ですが、土地が変わったので、また一からのスタートで、先日、ポットにタネを播く方法に切り替えました。

また、トマトを植えたのですが、どうも成長が早い。前に使っていた人がかなりの量の肥料を与えていたようです。正直、少し困っています。時間をかけて背の低いずんぐりタイプに育てたかったのですが…。今のところ、トマトは虫にやられていませんが、キュウリにはすぐに虫が付きました。前の畑では、まったく虫も付かず、乾燥したところでも問題なかったのですが…。肥料が多く投入されてきたので、その分、虫が多く寄ってきているように感じます。今シーズンはあまり期待できそうにありません。まずは肥料が抜けきるまで、待つしかありません。

それから、幸か不幸か、保水性が高すぎることがあります。日当たり良好であるにもかかわらず、土が乾くまでに非常に時間がかかります。水遣りをあまりしなくて済むのはいいのですが、これまで、乾燥した土地でスパルタ的に育ててきたので、自家採種した植物たちは環境の変化についていけていない感じです。

まあ、当面は観察を続けていくしかありませんね…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |