プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


霊体と環境の関係性に対する科学的アプローチ

死者の霊は地表付近に留まる。これは、地球の磁気的な構造、大気組成を念頭に、霊自体を構成する微小粒子の極性を考えると、科学的に有意な仮説が立てられる。だから、比較的健康な地球環境において、比較的健康な人間(霊能者)が地表付近の霊と交流でき、しかも、成仏させることもできるというのは、実はそれほど不思議なことではない。

一方で、下(地表付近)ではなく、上と繋がるようなチャネリング現象がある。これは、ここ数十年の間で急速に増えてきていて、あまり珍しい現象ではなくなった。多くの精神世界・スピリチュアル系の人々には、そのような現象が増えたことに、精神性の向上という背景があるとポジティブにみなす傾向がみられる。しかし、一部の事例を除いて、必ずしもそうとはいえない。科学的なアプローチをすると、むしろ、地球環境が健康を失いつつある(又は衰退サイクルにある)ことで、本来ブロックされているものに対して無防備になってきてしまった面があると考えられるからだ。もちろん、ある種のテクノロジーが開発されたことも大きい。ある種の損傷がある種の能力を開発することもある。残念ながら、怖いもの知らずが多いのが現状だと思う。

未踏査の領域を非科学的に説明するのはオカルトに分類されてしまうだろうけど、科学的な仮説を立てて、科学的な検証を待っている段階のものは、本来、オカルトではなく、純粋に科学だと思う。自分は、常に後者のスタンスを維持して、本の中で展開してきたつもりだけど、学者から見れば、自分たちが積極的に関わりたくない領域で、学会の外の人間がやることは、オカルトだとレッテルが貼られるのだと思う(本来、神秘的・超自然的なこと意味する「オカルト」という言葉自体を日本人が誤って認識していることが問題なんですが)。

医療の世界では、国内でも代替医療として、比較的厚い層があるけど、科学の分野では、もっと幅広いにも関わらず、代替科学は活性化していない。特に、自分のやっている世界は、実験というよりも(不可能という面が多いので)自然の観察で、生態系に関わる部分を柱にしている所為か、余計に周縁部になってしまう。こんな状況を何とか変えていきたいと思いながらも、非力な自分ではなんともならない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |