プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


拙著『底なしの闇の[癌ビジネス]』では触れられなかった「自然界に見られる二面性」

自然界での出来事を観察すると、多くの場合、二面性が存在することが分かります。おそらく、それは、光が波としての性質と粒子としての性質の両面を合わせ持っていることと関係しているのではないかと思います。
先日、ヒカルランドより『底なしの闇の[癌ビジネス]』という本を出しました。この本をどのようにまとめるか、とても悩みました。二面性についての解説を加えるべきかどうか、考えたからです。当初、両面からのアプローチを入れるべく、冒頭部、つまり第一章で寄り道と思われるような内容を含める予定でした。しかし、本当は重要なのですが、少々オカルト的であることに加えて、一般読者からは直接的な関係性が見えないと思われてしまうことを懸念しました。この本は一部のマニアックな読者層のみをターゲットにしているのではなくて、一般読者をも取り込みたいという意図もありました。これまで、私の本はマニアックで難解だと指摘されてきたので、あまり女性が読んでくれないというところを考慮した訳です。それで、できるだけわかりやすく書き、オカルト的な関連・補足情報は排除することにしました。また、ページ数が増えると、できるだけ安く売りたいという希望から離れてしまうこともあって、結局、いくらかヒントは散りばめたのですが、二面性に対する解説をほとんど入れませんでした。これが良かったのか悪かったのかは何とも言えません。
ここで、二面性の問題に戻ります。この自然界に二面性が存在するということは、捉え方によっては、ある出来事の原因が二つあり、一つの原因に対して結果も二つあるようなものです。これは、病気に対しても同様です。ほとんどの研究者は、原因が一つだと考えてしまうので、二面性の存在に気づきません。そのため、一つ原因を見つけると、それで解決したと思いがちです。ところが、実際のところ、それだけでは足りないというところがあります。
拙著『超不都合な科学的真実[長寿の秘密/失われた古代文明]編』(徳間書店)において、人の健康にはpH値も含めて、血液の状態が重要であることを指摘しましたが、今回の本でも、それに続くところがあり、このあたりのことはあえて少し抑え目に書いたところがあります。つまり、病気を生みやすい環境条件に相当するものです。光の性質で言えば、波に相当するところです。
しかし、物事には二面性がありますので、粒子の性質の方も触れておかねばなりません。それで、今回は、光で言うところの粒子性の方を少し多く取り上げたような印象を与えたかもしれません。
ところで、今、切った大根を干しています。気温が低く乾燥しているときはベストなのですが、湿気が多く、気温が高めで、無風の時はすぐにカビが生えてしまいます。これはあらゆる生ものの保存にも言えることだと思います。カビを生やして腐らせる原因はどこにあるのか? その答えは二つあります。一つは、湿気が多く、気温高めといった環境条件が整うことです。もう一つは、カビが存在して、その対象物にカビが発生することです。どちらも正解です。ただし、カビはどこにでも当たり前のように存在していますので、どちらかというと前者の環境条件の方が原因とみなされる傾向があると思います。
では、病気の伝染を考えると、波のように広がり、粒子のようにピンポイントで襲うという側面があります。
人体内では、血液中で波のように広がり、粒子がどこかをピンポイントで襲ったりします。もちろん、複数の箇所で同時進行する場合もあります。
そして、病気が発生したことによって、その生体を蝕む方向性と守る方向性の二つが同時に現れます。蝕む方向性だけに注目しがちですが、守る方向性も現れていることに注目していく必要があると思います。
また、波は共振するように、隔てられた膜の向こうにも到達可能です。そして、その先に当たり前のように存在する粒子を実行犯として操ることも可能です。
これは、病気が生まれる原因を考える上で重要なことです。癌という現象の原因に関して、1925年にオートー・ワールブルクが、1938年にパウル・ゲルハルト・シーガルが片方の側面を発見しました。光でいう波に相当する環境条件です。環境条件を整えれば、完全に癌を再現できるため、その発見内容が原因だと考えても差し支えないのですが、対処法に関しては、食事療法等で広がり、現代の3大療法と比較すれば優れたものでしたが、例えば、実践すれば9割以上治るとか、そのようなレベルで成果が得られませんでした。
だからこそ、その後の医学者たちが彼らの発見を補足し、即効性のある治療法を探すべく必死に研究を続けてきました。そして、過去数十年の間で、ようやくではありますが、極めて簡単な方法でガンは克服できるという実践例が報告されるようになり、見えてきたのだと言えるでしょう。そして、湿気、温度、風通しといった環境条件が大根をカビさせた例のように、環境条件が揃うと、波のような性質を利用して、膜の向こうの、誰でもよい存在を操って、実行犯に仕立て、引き金を引かせていた可能性が見えてきたと言えるかもしれません。
波と粒子の二つの性質を考えると、病原菌が外から入って来るのかどうかという問題を超越して、人体に病気をもたらす可能性に説明を与えられるようで、難病と言われる病気ほど、二面性が深いところで関わっているように感じる訳です。
残念ながら、このようなことは本で触れられませんでした。機会があれば、来年、講演会のような場で説明していきたいと考えています。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |