プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


来年の予定

今年も残りあと1ヶ月となり、来年の活動に関して計画を立てているところです。

南アフリカのコンタクティーの本の翻訳は、結局遅れてしまい、今、年内完成を目指して頑張っているところです。
出版はいつになるか分かりませんが、とりあえず、来年はその本の出版を予定しております。

次に、まだ日程は確定しておりませんが、新刊『ガンの原因も治療法もとっくに解明済だった! 底なしの闇の[癌ビジネス] 隠蔽されてきた「超不都合な医学的真実」』の出版記念講演を頼まれているので、それをこなすことがあります。
おそらく、代替医療に関心の高い一定層の人々には評価してもらえると思うのですが、拙著『超不都合な科学的真実 もうからない重要な発見はすべて潰される! (5次元文庫)』が出版された時と同様に、トンデモ作家として馬鹿にされるか、バッシングも受けるのではないかと思います。出版記念講演では、もちろん、本の内容をなぞるところが大きいですが、含めることができなかった話や、関連情報に関して、じっくり語ってみたいと思っています。

それから、ちょっと変わったことも企画しています。過去に単独の講演会を年1回ペースで行っていた時期もあったのですが、田舎に引っ越して忙しくなったこともあって、これまでなかなかイベント開催・参加ができませんでした。
来年は、とりあえず出演者数人規模のトークショーのようなイベントを計画しています。目標は年2・3回で、オカルト系のネタをメインに、参加者の知的好奇心に応えることも忘れず、気楽に楽しんでもらえるような場を想定して、近々候補になるような共演者たちと打ち合わせを行うことになっています。テレビやラジオでは話せないことなど、集まってくれた人たちだけが味わえるようなイベントを考えています。

執筆活動に関しては、正直、未定です。充電期間も必要なので、翻訳などの裏方の仕事をやるかもしれませんし、突如、アイディアを思いついて、新たなものを書き下ろすかもしれませんが……。

そろそろ年賀状の準備を始めないといけないところですね。まだ取り掛かれていません……。
スポンサーサイト

コメント

待ち遠しいです

南アフリカのコンタクティーの本、早く読みたくて読みたくて気も狂わんばかりです。
どうぞよろしくお願いいたします。
2014-12-02 15:08 takashi #- URL [ 編集 ]

すみません

takashiさん、翻訳が遅くなってしまっていて、申し訳ありません。何とか頑張っておりますので、もうしばらくお待ち下さい。
2014-12-03 22:09 水守 啓 #v5lfmkqE URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |