プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


新刊のカバーが完成しました!

新刊『底なしの闇の癌ビジネス――隠蔽されてきた「超不都合な医学的真実」』のカバーができあがりました。
最近、リバース・スピーチの研究家としてばかり注目されてしまっていますが、僕は本来、フリージャーナリストとして、代替科学・代替医療、そして科学では未解明の現象に関してレポートしてきた人間です。
そんな過去を振り返っても、この本は、これまででもっとも力を注いで、書き上げたものです。多くの人間の命が救われるかどうかという問題ですから……。
医療関係者ですら全然知らなかったことが満載されていて、特に、ガンの原因・メカニズム・治療法を暴露してしまっているところは注目点だと思います。ただ、この本を完成させてから、出版されるまで2年近くを要してしまい、その間、私が本書でいち早く紹介したはずの情報の一部がネットで少しずつ紹介されるのを見てきたので、もう少し早く出版しておきたかったというのが正直なところです。
法律の壁があるのですが、それがクリアされれば、家庭に一冊常備しておきたい本になるのではないかと思います。
船瀬俊介先生にご推薦を頂いております。

ガン本カバーデザイン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |