プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


アジの刺身ご飯

昨夜、魚が必要だと言った。今日は、ちょうど良い曇り具合だった。明後日あたりから天気が崩れるかもしれない。
という訳で、早速釣りに行ってきました。(笑)
スタートは午後4時で、5時までの1時間。最初、フグばっかり10匹ぐらい釣れて、足元で釣るとザコばっかの可能性ありと見て、10分で終了。竿をたたんで、もう1本の方を使って、20メートルぐらい沖に投げてみた。手前10メートルぐらいになると、アタリがあった。そして、アジが釣れた。カタは悪くない。10メートル沖ぐらいを狙ってみると、またアタリがあり、結局、15~21cmのアジが11匹釣れた。その後も続ければ、かなり釣れたと思ったけど、今夜も一人で夕飯の準備が必要。
aji20140917.jpg

という訳で、すぐに帰宅して、念のため、線量値を測定したら、もちろん、異常なし。大型の回遊魚でもないから、当たり前ですが……。二匹は刺身に、残りは唐揚げ用に3枚におろして冷凍庫へ。刺身は1日おいてから食べた方がいいのかもしれないけど、さばいてすぐに生姜をかけて冷蔵庫に入れて、他の料理をしていたので、次第に、今日食べちゃうかなって感じになり、食べようと思っていたカレーをしまった(去年の刺身カレーが頭をよぎった)。で、庭にシソを採りに行って、今夜の夕飯は下の写真です。昨日とかなり同じですね。メインを自分で採ってきたので、昨日よりは自給率は高いような気がする。(笑) 味噌汁は面倒になったので、ビールで済ませました。アジは骨を抜くのが面倒ですが、やはり何度食べても美味しい。出刃包丁をまた研がないといけない……。
dinner20140917aji.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |