プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


途中から手抜きになった工作

薪を集めている関係で、ついでに工作に使えそうな廃材ももらってくる。釘やねじが打たれたあと(穴)もあれば、傷や汚れもある材木です。時間のある際、少しずつ進めていた工作があります。骨組みを作るまでは、ちゃんとほぞを作って、外側にでっぱりがないようにした。というのも、横にくぎやねじで打ち付けると、荷重を線で受け止めるのに対して、ほぞを作れば、面で受け止められるので、強度も高くなるから。もちろん、見た目もよくなる。ということで、謎の入れ物を作り始めた。廃材を利用したわりに、なかなか味のある雰囲気になったので、これはなかなかいいかもしれないと思った。
が、終盤に入ってから、途方に暮れてしまった。最後、外側に張り付けたこげ茶色の板。実は、もっと厚みがあって、幅の狭い板を2枚ずつ各面に同様にほぞを作って埋め込んで完成させたかった。しかし、それをやるとかなりの数、ほぞ穴を掘らないといけない。ノミも何度も研いで、仕口を加工しないといけなさそうな雰囲気。適当な板も廃材の中にない。うーん、なかなか面倒だなぁ~ということで、外側にあまり出っ張らないように、薄い板を張り巡らすことにした。これは薄すぎてあまり活用できそうになかった廃材の床板。それで、出来上がったのが下のもの。やっぱり、周りに張り付けた板さえなければ、ちゃんとしていたのに、途中からの手抜きが反映した仕上がりだなぁ~という感想。
横約86センチ、奥行き40センチ、高さは40~60センチ(+足の高さ)という感じです。いったいこれは何かというと、細い枝や廃材など、積み上げていくには軽いし、細い薪を縦に突っ込む入れ物です。手前の水平方向の垂木が高さ40センチ、手前両端のでっぱりが高さ50センチ、奥の面が高さ60センチになっていて、薪を50センチ前後に合わせて突っ込むための参考にするものです。60センチを超えると薪ストーブに入らないので……。側面に隙間があるのは、湿気をこもらせないためで、掃除もしやすくするためです。
室内ではなく、ガレージに置いておくので、まあ、見た目は気にしないでいいやっという手抜きとなりました。もう少し時間があれば、頑張ったかもしれませんが、最近、早く仕上げるべき重い仕事をいくつか抱えているので、これで良しとしました。一応、これでガレージ内がだいぶ整理されました。
次は木屑を入れる容器を作りたいというところですが、当面はバケツで代用かもしれません……。

IMG_2991.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |