プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ポテトサラダ+ジャガイモ販売

 初夏だったか、以前、ポテトサラダを作ったことを書きました。あれ以来、ポテトサラダに関しては毎週のように自分で作っています。少々手間がかかりますが……。もちろん、材料のジャガイモ、キュウリ、ニンジンは自分のところで収穫したものです。残念ながら、玉ねぎは自給できていないので、買っていますが、本当なら自分でやりたい。以前、タネからちまちまやったんですが、ミニサイズの玉ねぎは比較的楽だったんですが、発芽から中盤の水分量の調整に失敗して、大玉はダメ。タネからやると、結構面倒だった記憶があって、できていません。最近、直売所でも玉ねぎの価格が上がっているので、再度チャレンジしないといけないかなぁ~と思っています。
 それで味付けですが、以前、酢にリンゴ酢を使った方がいいのではないかと書きました。米酢、穀物酢、リンゴ酢を試してみましたが、この順番で後者になるほど美味しくできるかなぁ~と個人的には思っています。コショウとフレンチマスタードは必須です。他に、マヨネーズ、塩、砂糖は定番と思いますが……。
 玉ねぎはあえて塩もみなんてしないで、そのままぶち込みます。せっかくの辛みが無くなってしまうので。キュウリもやらなくて全然OKです。硬い触感を残した方が良い気がするので、ニンジンも硬めにゆでるだけです。
 できるだけ気にしないようにしていますが、本当はマヨネーズは自分で作るなど、少々こだわった方が良い調味料なんですが、さすがにそこまで時間も手間もかけられないので、市販のものにしています。スーパーにはほとんど出回らない高額商品以外は、どのマヨネーズも成分的には微妙なんですね。むしろ消去法でいくと、安い商品の方が安全だったりしますね……。

 そう言えば、ジャガイモ&ニンジンが一箱分出て、そろそろまともなニンジンが少なくなってきたので、箱詰め後の総量約5kgのジャガイモ(男爵&メークイン)にニンジンはあくまでもオマケで、あと1箱か2箱、1,300円+ゆうパック送料80サイズでお譲りしますので、ご希望の方は info@knetjapan.net までジャガイモ希望としてメールして頂けましたら幸いです。中サイズ50個ぐらいで、いくらかニンジンとオマケがあるかも?という感じです。オマケの野菜(特にニンジン)は乾かして発送しますので、1・2日遅れることがありますのでご了承ください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |