プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


都会にアマガエル?

ここ数日ほど、仕事およびプライベートで再び横浜・東京方面に行っていました。生麦近くの公園脇の道路を歩いていたら、聞きなれた音でありながらも、違和感のある音が・・・。
アマガエルの鳴き声? そう思って、公園に入って、聞こえる方に向かっていった。周囲には池も小川もない。まさか、こんな工業地帯と住宅街の境目付近にアマガエルがいるはずがない・・・。
しかし、草むらに近づいてアマガエルの鳴き声を確認すると、別のアマガエルが鳴き始め、さらに別のアマガエルが・・・というふうに、3・4匹はつられて鳴き始めたのを確認した。やはり、アマガエルである。オスメス合わせれば、周囲に少なくとも数十匹はいるはず…。それにしても、ビックリした。
神奈川県東部では、例えば三浦半島の南部や、公園の池などにいることは知っているものの、鶴見川からは少々距離があったので…。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |