プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


収穫と栽培

私のところでは、夏野菜はまだほとんど収穫できていません。自然に発芽する気温になってから苗を育てることもあって、トマト、ナス、キュウリ、ピーマン、シシトウ、オクラなど、まだちっちゃい状態です。定植を待って、ポットに入っているものも残っています。
大根やニンジンは順調に育っていて、間引く感覚で少しずつ収穫しています。サイズは小さいですが、育ちきらない時期に収穫して食べるのが一番贅沢なのではないかと思います。

この時期、他にも収穫できるものもあります。ジャガイモです。先日、ダンシャクを収穫して、保存場所の確保をどうしようかと考えているところです。重量はよく分かりませんが、140センチサイズの箱二つ分になりました。
で、まだメークインを収穫しておらず、おそらく、それ以上の量を収穫するのではないかと思います。
我が家のガレージ内は、温室のように暑くなるので、保存には向きません。将来的には、薪小屋も兼ねて、暑くならないガレージか小屋を建て直したいところですが、家の補修の方が先なので、この先何年かは悩み続けることになりそうです。

半農生活をしていると、時々まとめ買いをするような感覚です。1年もたせるのは厳しいですが、サツマイモと並んで、ジャガイモは一度収穫すると、その後半年は買うことはありません。ニンニクも収穫中で、やはり、そんな感じで、しばらく買うことはありません。先日、豆三昧の記事を書きましたが、豆に関しても、食べきれなかったものは、塩茹でして冷凍庫に保存してあります。また、乾燥させたものは、水でもどして、何らかの料理に使おうかと思っています。
明日あたり、ラッキョウも収穫するかどうか、考えているところです。これも、ラッキョウ漬けにすると、保存食となります。

carrot1.jpg

ところで、この花は何だと思いますか?
胸ぐらいの高さがありますが、これはニンジンです。春植えたものは、現在生長中ですが、これは去年の秋に植えたものです。我が家では、主にタネをとる目的で、ずっと生やし続けているものがいくつかあります。

そういえば、4株だけ育てたキャベツが生長して、先日1個収穫・消費して、今日、2個目を収穫しました。
cabbage2014-1.jpg

これでは、サイズが分からないと思ったので、もう一枚。
cabbage2014.jpg

1個目は部分的にナメクジにやられていましたが、今回はほとんど問題なかったようです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |