プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


補強工事再開

なかなか時間が取れず、遅れていた家の補強工事を再開しました。梁を受ける柱を追加する第三弾です。今回は、柱を建てたい場所に、床を支える大引きが走っていたため、それを切断するという、やや大仕事でした。
もちろん、大引きをいきなり切断してしまうと、床が落ちてしまう可能性があります。そのため、事前に床下に潜って、切断しても、床が落ちないように、支えておく必要がありました。束で支えるだけでは、横方向に揺れた際が怖いので、コンクリートブロックの上に、凹んだ形状の木を乗せ、大引きと噛み合わせて、ねじりにも耐えられるようにしておきました。そして、切断しました。

Hashira1-20140612.jpg

写真はすでに大引きを切断して、その下にコンクリートの基礎を打ち、土台となる木(こげ茶色)を寝かせた状態です。土台の真ん中にほぞ穴をあけてありますが、そこに柱を差し込むようにしてあります。左右にアンカーボルトが出ていますが、地震等で浮き上がらないように後でナットで固定します。
柱は真上からは入れられないので、斜め右上からすべり込ませて、上部は梁の底部にほぞ穴をレール状に入れてあって、横から叩いて押し込む感じです。この方法で、柱上部と梁との隙間はほとんどなくなります。

Hashira-southwest.jpg

柱を差し込むと、2枚目の写真のようになります。前回と同様ですが、梁と柱との間に2ミリ程度隙間ができてしまうので、土台の両脇に鋼製束を仕込んであります。ぐるぐると回すと、束の高さが上がって、土台ごと柱を持ち上げてくれます。束の力だけで持ち上げられるのは、梁と柱の間の隙間程度です。それ以上持ち上げるには、ジャッキが必要です。
それで、今回の必殺技というか、姑息な手抜き?は、柱の真下の基礎を一部凹みを入れて作ったことです。凹ませた部分にジャッキを挿入して、そのまま土台を押し上げるのです。少し持ち上げるたびに、両脇の鋼製束の高さも上げていって、最終的に基礎と土台の間に1センチぐらい隙間ができたところで、1センチ厚のスペーサーとなる板を差し込んで、固定。
あとは、ボルトをナットでしめて、基礎・土台・柱を固定して、さらに大引きと柱を固定して床下作業は終了。

Hashira-southwest2.jpg

剥がした床板を戻したのが3枚目の写真で、何とか床板を張り替えずに済ませることができました。まだ細部の処理を行っていないので、見た目が良くありませんが、柱周りに細めの角材を取り付けて完了させる予定です。
しかし、私は見慣れてしまいましたが、ガラス障子の前に柱がある…ってのは、不思議な空間かもしれませんね。(汗)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |