プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


豆三昧

今年も豆三昧の季節となりました。写真左上から時計回りに、スナップ豌豆、ソラマメ、ウスイエンドウ、絹サヤです。連日これぐらい収穫できるので、作りすぎの感がありますが、塩茹でしておけば、意外と食べてしまいますね。
以前、ソラマメは莢が馬鹿でかい割には中身が少なく、割高感が強い気がしたこともあって、飽きるぐらい食べたいと思って、少々多めに育てるようにしています。
絹サヤは、今の家に引っ越してきた時に植わっていたもので、おそらく固定種だろうと信じて自家採取して、去年の秋に播いてみたものです。普通によく実っているので、固定種だったんだと思います・・・。
スナップ豌豆は、今シーズンからのスタートですが、他のものと比べると、量は控えめに収穫できるので、ちょうど良いかもしれません。甘みがあって、味もいいですし・・・。
ウスイエンドウは、定番の豆ご飯用です。これがあると、おかずが少なくても満足感が得られるので、毎年欠かさず育てています。豆ご飯には、様々な炊き方がありますが、うちでは、莢のゆで汁を取っておいて、それでご飯を炊きます。豆は、別茹でしたり、最後に投入するのではなく、色の鮮やかさがなくなるものの、あえて最初から投入して炊いてしまいます。その方が味が出ると思うからです。2合の場合、塩小さじ1杯と酒大さじ1杯を加えますが、少しばかり細切り昆布も加えて炊くと、さらに美味しくなります。
関東のスーパーでは、ウスイエンドウが販売されているのを目にしたことはありませんが、タネさえ買えば、簡単に栽培、大量に収穫できるので、ぜひ試して頂きたい料理の一つです。

mame20140522.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |