プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ペンペングサ(ナズナ)

この時期に食べられる野草(雑草)として、ペンペングサを忘れていました。ペンペングサは、駐車場の脇などでも生えているものと思います。ただ、あまり土壌が良くない場合は、貧弱な茎が伸びるだけで、あまり食べられる部分が出てこないでしょう。草が生い茂る空き地でもあれば、比較的元気に葉を出すペンペングサを見つけられるかと思います。

中央から垂直に伸びきった茎の先端部分は、多くは、細くて硬く、葉も少なく、あまり適さないと思います。ただ、脇からも次々と出てきて、まだ伸びきっていない、花もつぼみレベルのものが、適度に葉も付けていて、摘むには最適です。まだ15センチぐらいの茎であれば、ちょうどよく葉も付いていると思います。柔らかいものであれば、普通に立ち上がった茎を、ぺんぺんの部分を含めて、摘んでも構いませんが、基本的には、全体的に伸びきる前の茎が柔らかいものだけを選びます。

そのため、かなりの数のペンペングサが生えている場所に行かないと、美味しく食べられる柔らかい部分をたくさん集められないかもしれません。

それで、収穫したペンペングサは、その硬さに応じて数分軽く茹でます。その後は、普通にお浸しにしてもよいのですが、個人的には、茹でたブロッコリーのように、マヨネーズを付けて食べるのが好きです。まったく、癖がなく美味しく食べられます。

因みに、根ごとそっくりとって、全体を食べられるようですが、私はそこまでは試していません。多少硬くても、ゆで時間を延ばせば、問題ないかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |