プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


小保方氏のリバース・スピーチ=本音を振り返って

過去二回に渡って、STAP細胞論文の筆頭著者小保方春子氏のリバース・スピーチ(RS)を紹介しました。小保方氏の記者会見におけるRSは、比較的発生頻度が高く、数分毎に現れていたように思います。ただし、短いフレーズで現れることが多く、それらは紹介しませんでした。特に、短いフレーズの場合、偶然の音(おん)の組み合わせで、意味をなす言葉として聞き取れる場合があるため、その区別が難しくなることもあります。簡単な判別法は、実際に逆再生で聞こえた言葉を同じように真似て発音し、それを逆再生して聞いてみることです。もし、簡単に再現できる場合は、偶然の可能性が高くなります。しかし、ほとんどの場合、偶然に逆再生で聞こえてくる言葉は、表での発言内容とは無関係です。そのため、短いフレーズであったとしても、その発生頻度や、表での発言内容との関連性次第で、RSと判断した方がよい場合もあります。
また、紹介しなかったのは、質問を行った記者のRSもあります。実のところ、記者会見のような場合、主役は言葉を慎重に選ぶため、RSの発生頻度は落ちるのですが、記者という脇役の発言には数多くのRSが現れます。もちろん、質問相手に対する感情が投影したものばかりで、実際の質問内容とかぶっています。記者のRSを取り上げたところで、面白くもなく、手間もかかりますので、省きました。

さて、RSは様々に活用されていますが、発言者の本音を露わにしてしまう強力なツールとなります。それは、時に不都合な真実を暴き出します。だからこそ、紹介する際は、明らかにRSと考えられる長めのフレーズのみを選んでいます。
しかし、既に触れたように、判定が微妙なRSも数多く存在しています。偶然性の介入が十分に考えられるような、短いフレーズのRSはあまり紹介しないようにしていますが、そんな短いフレーズの中に、「これは?」と思うものが含まれるケースもあります。

実は、小保方氏のRSの中には、判定が微妙ではありながらも、疑問を投げかけるものがいくつかありました。RSは究極の嘘発見器でもあるため、その信憑性を汚すことがないよう、下手に判定が微妙なものを紹介したくはないという気持ちもあります。そんな事情に加え、小保方氏以外の人物のことにまで手を広げるつもりはないことから、あまり具体的なことは言いませんが、今回のSTAP論文騒動を大きくした原因の一つに、共著者若山氏の言動・行動がかかわっている可能性があるように感じます。それは、ニュース報道ではなく、RSから示唆されるものです(メディアの多くは若山氏へ同情的ですが)。もちろん、原因の大半は小保方氏の不注意にあると言ってよいと思われますが、問題の真相を知るには、若山研究室にも何らかの過失がなかったかを調べる必要があると感じます。その点に関して、小保方氏は、立場上、言及するのを遠慮しているようにRSから感じられます。おそらく、若山氏に加え、笹井氏の発言も分析すれば、さらに詳細が分かると思います。
しかし、基本的に、私はRS現象を伝えることに関心を持っています。小保方氏に関心を持っているわけではありません。また、この騒動の真相究明にも関心を持っていません。もしこれが大きな事件で、検察や弁護士らに頼まれたのだとしたら、行うかもしれませんが、現時点では、若山氏や笹井氏のRSまで調べるつもりはありません。そのため、真相究明が可能であったとしても、それを行うつもりはありません。私にも、他にやるべきことがたくさんあるので、そこまでできないというのが現実です。
また、RSはどうしても個人のプライバシーに触れる側面があります。そのため、時に公開するRSの選択にも慎重になる必要があると感じています。そして、この仕事にかかわると、人の言動に対して極力気にしないようにして、寛大になることが求められます。なぜなら、RSが利用されると、誰もが丸裸の状態になり、それが自分に向けられることも考えれば、最終的に、許すこと、寛大になることが未来なのだと感じるからです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |