プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


小保方氏のリバース・スピーチ①の補足

リバース・スピーチ(RS)現象は、普通に考えれば、ありえないと思われるような不思議な現象です。もちろん、発した言葉の音(おん)が、逆再生によって聞き取れる言葉になるよう、偶然上手く組み合わさるということはあります。しかし、それはRSと判定していません。その判別は、同じセリフを発して、誰でも簡単に再現できるものかどうかを基準にしています。
一昨日紹介した小保方氏のRSは、【オール200回も】に関しては偶然性もあり微妙なところではありますが、他は長いフレーズであり、偶然が起こりえないレベルのものです。発言者の本音がそのまま表れている典型例と考えられます。
因みに、本人の声とは違う印象があるかもしれませんが、それは、再生スピードをこちらで調整して、落としてあるからです。早口の人は、RSも早口で現れますので、スピードを落とさないとなかなか聞き取れないところがあります。

今回の分析において、実は、小保方氏のRSの中で、興味深い現象が発見されました。それを説明する前に、RSが嘘発見器として犯罪捜査にも活用されてきただけでなく、セラピーや自己啓発等へ有効活用されてきたことに簡単に触れたいと思います。
我々は、自分の無意識をきちんと把握できていません。意識には階層構造があり、表層部分の自分と、深層部分の自分とでは、必ずしも一致していません。というか、ほとんどの人は、本当の自分を知らないと言ってよいと思います。
例えば、自分は医者になりたいという願望があったとしても、深層意識にある本当の自分は、自身の適性等から、他の仕事の方が向いているとちゃんと理解していることがあります。自分の顕在意識における願望から、ふさわしくない道を選ぼうとすれば、なかなか上手くいきません。また、改善しない病気の治療法や原因に迫ろうとする場合、時に深層意識へとアクセスすることで、顕在意識では知りえなかった答えが得られることがあります。例えば、鬱の人のRSからは「もっと日光が必要」とか、喘息で苦しむ人のRSから、「床下」を意識させる言葉が現れ、実際に調べてみると、床下にカビが広がっていたことが発見されたこともあります。
このように、RSにおいては、自分の無意識の言葉を聞けるだけでなく、時には自分のハイアーセルフや真我のような存在が、さらに高い視点から自身を見下ろし、助言を与えるかのような現象に出合うケースもあります。つまり、通常の無意識の自分よりも、さらに深いレベルでの自分が語るケースです。

さて、小保方氏は、公開実験に関して言及された際、自身の回答において「えっ、それはとても無理、やります」というRSを発していました。この際、音声を実際にお聞きになるとわかると思いますが、最後の「やります」という言葉は、それまでの流れとは不自然に、唐突に聞こえてきます。まるで二人目が登場しているようです。これは、深層意識においても、それまでよりももう少し深い部分から出てきた叫びのようなものと思われます。「えっ、それはとても無理」というのは、現実的な障害を想定して、表層的な無意識で発していると思われますが、意識のより深層部にある本当の自分は、再び実験を行って人々に理解してもらいたいと望んでいて、「やります」という言葉を発したのだと思われます。
もう一度音声を確認していただきたく思います(http://keimizumori.blog.fc2.com/blog-entry-101.html)。尚、ブログ上で再生ボタンが現れない場合、アドビのFlashがブラウザーにアドオンされていない可能性がありますので、聞こえない方はお試し下さい。

誰でも当たり前のようにリバース・スピーチ(RS)を発しています。顕在意識において、我々はRSの内容を受け取ることはできていませんが、意識の深層部においては、本当はちゃんと受け止めています。そのため、私が紹介したRSは、既に記者会見を見ていた人にとっては、実は知っていたことでもあります。現在、この世の中でテレパシーを受信できる人はほとんどいませんが、テレパシーによるコミュニケーションが当たり前の時代が到来するとき、RSは、テレパシーが3次元世界に具現化した一形態(投影した片鱗)であることが見えてくるのではないかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |