fc2ブログ

プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組むナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で自然と触れ合う中、研究・執筆・講演活動を行っている。
著書に『世界を変えてしまうマッドサイエンティストたちの【すごい発見】』、『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研マーケティング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


自然界の周波数バランスと病気の原因

 これまで私は自然界の生物は立体螺旋を描くように生態系のバランスを維持して存在していることを主張してきました。形あるものはすべてアンテナとして機能するので、体の小さなものはその固有周波数(振動数)は高く(波長は短く)、大きなものはその固有周波数(振動数)は低く(波長は長く)なる。ただ、それは一本の直線のように並ぶのではなく、オクターブ毎に螺旋を描いている、と。

立体螺旋図trim

 音の世界では、ラの音はオクターブが違っても、同じラの音であるように、周波数が違っても、同じ性質が維持されます。これは、病原菌に対する効果も同様で、大元の周波数に達していなくても、その何オクターブか下の周波数でも効果を発揮してきました。
 仮に、固有周波数1MHzのウィルスが存在したとして、その2オクターブ下の250KHzを固有周波数とする真菌が存在したとします。さらに、その数オクターブ下の31.25KHzを固有周波数とする原虫もたまたま存在したとします。このウィルス、真菌、原虫のいずれかを殺した場合、例えば、ガンが治癒するとします。そうすると、ウィルスに注目していた人は、原因菌はウィルスだと言い、真菌に注目していた人は真菌だと言い、原虫に注目していた人は真菌だと言うことになります。
 もちろん、自然界において、ぴったり2の指数倍の周波数(倍音)上に複数の生物が固有周波数を持つことはほぼないですが、わずかにずれる程度であれば、決して珍しいことではありません。そして、治癒効果のある周波数は0.025%のずれまで有効であることがロイヤル・レイモンド・ライフの研究からわかっています。そのずれのお陰で様々な薬や治療法がその効果を発揮してきたと言えるのかもしれません。さらに、いわゆる薬は何オクターブに及んでその効果を発揮します。
 ロイヤル・レイモンド・ライフは、発見したウィルスBX(1.607MHz)とBY(1.529MHz)をその周波数を与えて殺したところ、ガンが治癒したことから、その二つがガンを生み出すウィルスだと考えました。その一つの周波数とごくわずかにずれたバクテリア「バチルス・リケニフォルミス」が2003年に発見されました。これはウィルスではなく、ソマチッドのように多形性バクテリアでしたが、一部ではこれがガン菌の正体ではないかと囁かれています。その可能性というか、関連性はあるのですが、本当の解釈の仕方は、上で触れてきたように、自然界の立体螺旋構造に基づいた生態系のバランスにより、日和見感染の概念も念頭に、オクターブの幅や、前後の幅を有した周波数がどのように作用するのかを理解すれば、数々の謎は解けることだと思うのですが、このようなことを考える私の方がいかれているのか、これを理解してくれる人はこの世界にはほとんどいないのが現実のようです。


スポンサーサイト



各臓器の活動リズム

各臓器の活動レベルは時間帯によって異なるとされているので、周波数施術においても、時間帯を選ぶケースがあります。
これは各種療法においても同様です。ある時間帯になると、何らかの症状が現れやすい場合もあるので、参考になります。

organ_clock_and_five.png

代替医療講座の予備知識

過去に講演会で何度か触れてきた内容ですが、オンライン代替医療講座を受講して頂くにあたり、予備知識として必要となってくるため、無料動画として追加した動画です。

オンライン代替医療講座
『隠されてきたガンの正体と病気のメカニズム、そして民間療法』
https://make-fun.com/landing_pages/100



11倍音の法則


病原菌を電磁波で殺すには、様々な波形が影響し、正弦波のような滑らかなものではなく、衝撃の強い角張った波形がよく効きます。他にも、リズムを変えたり、直流を使って波形全体をずらして極性を偏らせる方法もあります。フィボナッチ数列とオクターブ倍音が重なる2倍や8倍の周波数を利用する方法や、黄金比の周波数を利用する方法もあります。11倍の周波数の利用は比較的新しく出てきた手法です。




 | ホーム |