FC2ブログ

プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組むナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で自然と触れ合う中、研究・執筆・講演活動を行っている。
著書に『世界を変えてしまうマッドサイエンティストたちの【すごい発見】』、『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研マーケティング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


汎用周波数施術機としてのSpooky2

タイトルに関して、本日配信した「ケイ・ミズモリ不定期メルマガ(無料) 2021年5月号」において触れましたので、ブログにおいても、部分的に抜粋して紹介しておきたいと思います。

~(略)~
昨年より周波数施術のオンライン講習を行っています。螺旋周波数研究所では機材の販売を行っておらず、周波数施術の概念と使い方を教えています。周波数施術機は、正確には、周波数を筆頭に、電圧(又は電流)、波形、位相、極性等、様々なことが調整可能な電磁波動の発生器です。
我々の健康に不可欠な要素には、栄養摂取、運動、睡眠といった基本的なことの他に、電磁波があります(さらに他の波動もあると推測します)。人工的な電磁波に接することなく、太陽からの電磁波を磁気圏や大気といった適切なフィルターを介して浴びるだけの生活ができれば、我々は効率的に健康を回復・維持できます。しかし、現代社会ではそれがほぼ不可能となっています。乱れた電磁波やフィルターで取り除かれるはずの波長域の電磁波を内外から過剰に浴び、人体波動はバランスを崩します。それを修正していくツールの一つが周波数施術機です。
特別どこのメーカーの機械(周波数発生器)ではければいけないということはありません。より多くの設定・調整が可能な機械であれば、より多くの施術法に対応可能です。螺旋周波数研究所では汎用性の高い周波数施術機Spooky2を利用しています。Spooky2には、ニコラ・テスラのスカラー波技術を応用して、DNAサンプルに特定周波数を照射する「遠隔施術(リモート)」やスカラー場に身体を置く「スカラー場施術(スカラー)」といった独自性があり、それが強みとなっていますが、それに勝るとも劣らない強みが、「汎用周波数発生器である」ことです。
巷には様々な周波数発生器・施術機が存在して、それらの恩恵を受けるためには、その都度専用の機械を買わねばならないと思っている人が多いと思います。つまり、専用のハードウェアと専用のソフトウェアが必須だと。
しかし、Spooky2のデータベースにある周波数情報は、Spooky2とは直接関係しない研究機関が発見した周波数データや、他メーカーの施術法・施術機で効果を上げた周波数発生法等も幅広く取り込んでいます。そして、ハードウェアとソフトウェアの双方が幅広い設定に対応可能な汎用性を有しているがために、他の周波数施術機で可能なことの多くがSpooky2でも可能です。いわば、周波数発生器のデパートです。
施術効果の程度は、第一に周波数の合致という最重要項目がありますが、他に、波形や電圧(電流)レベル、周波数の組み合わせ、電気的極性、耐性菌を生み出さない各種工夫等でも決まってきます。そのため、利用者にとって重要なのは、開発者とかメーカーというのではなく、効果ありとされる設定を自在に再現できるかどうかにあるでしょう。そして、実際のところ、1台百万円程度のある会社の機械の設定を、1台100ドルのSpooky2 XM機で再現できてしまうという例はいくつもあります。
先日、私は周波数施術に関して書かれたある本を読みました。まったく異なる機械を使った施術例が書かれていたのですが、幸い、具体的にどのような症例にどのような設定で電磁波動を発生させて施術に成功したのかが書かれていました。そこで、試しにSpooky2でも再現してみたところ、確かに興味深い効果を得ることができました。その方法はSpooky2のプリセットの中にはありません。しかし、汎用性の高いSpooky2を使いこなせるようになれば、新たに百万円ほどを費やしてハードウェアを購入して講習を受けなくても、無料で再現できてしまいます。
そのようなこともあり、いずれ、私の方で行っているオンライン講習において、他社が採用している方法論で、効果が望める設定に関して教えていくようなこともあるかもしれません。


Spooky2日本語ページ

周波数発生器Spooky2のセット品

螺旋周波数研究所


※無料メルマガ希望者は、mizumori@keimizumori.comまでメールの件名に「メルマガ希望」と、本文欄にはお名前のみ記載して、送信ください。

スポンサーサイト



何か悪いものを口にした?

一昨日の夕食後、腹痛でなかなか寝られませんでした。下痢というほどではなかったものの、起きてトイレに行ったこともあり、何か悪いものを食べたか、口から入った可能性がありそうだと思った。収穫が遅れ、腐れかかる直前のような野菜を口にしていたし、汚れたものが口に入る機会もあったので、振り返れば、それが気になった。現在、便は正常ですが、まだ違和感が残っています。
そこで、念のため、今朝腹部に電極パッドを貼って、バイオフィードバックスキャンで異常周波数を調べてみました。しかし、検出された異常周波数の上位9つ近辺では、疑われる病原菌や病名等はまったく出てきませんでした。唯一示されたのは、最後の10位の周波数で、それはサニーシトラスのエッセンシャル・オイルの周波数に近いという表示でした。
検査を行う少し前にマーマレードを塗ったパンを食べ、その30分ぐらい前にはオレンジジュースを飲んでいたので、それだけ検出されたようでした。
つまり、特に深刻な病原菌等検出されなかったので、そのうち回復すると思いつつ、様子を見ているところです。


参考) 異常周波数を調べる方法: 螺旋周波数研究所



周波数施術とオンライン講習

昨年11月より周波数施術のオンライン講習を行っていますが、参加の皆さんは思っていた以上にとても熱心で、すぐにもご自身やご家族の施術のために活用されていて、私の方も励みになっています。私の場合、自分よりも誰かのために動かしていることが多く、ここしばらく自分自身の体調に関してはほとんど何も調べていません。報告で得られることは重要ですが、自分の体感も同じぐらい重要なので、もう少し改善しないといけないと思っているところです。
特に、基礎コースの最初で取り上げるバイオフィードバックスキャンは役立ちます(応用コースでは、バイオフィードバックスキャンをさらに深く掘り下げていきます)。
バイオフィードバックスキャンでは、病原菌の多い周波数帯を含めて、幅広く調べていきます。具体的には、身体に貼り付けた電極パッドから、次々と低い周波数から高い周波数まで発して、身体の応答を調べていきます。そして、身体の応答(電流量)が通常と大きく異なる周波数を拾い上げていきます。腫瘍のような障害物の存在や、病原菌の共振現象があれば、それが抵抗となると推測されます。
得られる結果は、病気として表面化しているものだけでなく、病気の予兆、すなわち、微生物叢のバランスを崩している状態(増殖中の微生物)を示します。
そんな結果を見ただけで病気の早期発見に結び付けた診断を行うことはかなかか難しく、私ももっと学んでいく必要が多々あるのですが、それでも、そんな状況を改善させていく術は瞬時に示されます。異常が検出された周波数を上位から浴びていくことで、異常増殖した病原菌を抑え込む効果が働き、健康のバランス回復に寄与するのです。
ただ、周波数といっても、波には種類がたくさんあります。バイオフィードバックスキャンにおいては、伝搬・浸透性の高い正弦波を利用しますが、病原菌を共振破裂に導くためには、方形波など、インパクトの強い波形を利用します(応用コースで学びます)。
また、厄介なタイプの病原菌は単調な波形の繰り返しに対して耐性を持ってしまう可能性があるため、変化を加えながら向き合っていく必要性も生じる場合があります(これも応用コースで学びます)。
オンライン講習は、基礎コース・応用コース合わせてわずか4回ですが、受講により、このような対処法ですら自ら考えられるようになります。
メカニズムが不明な機械においては、考え方を学ぶことはなかなか難しいですが、螺旋周波数研究所で利用しているSpooky2においては、大半の情報が公開されており、「なぜ?」という疑問の多くが分かりますので、機械任せになってしまうのではなく、主体的に学び、成長し、将来に繋げていくことに役立ちます。
他の機械と違って、桁違いに安いため、既に何人もの方々にご購入頂いていますが、やはり、本来のポテンシャルをきちんと引き出して、満足してもらえるように、いくらか知識を得て頂きたいと思っています。自力で試行錯誤しながら動かすだけでは、難しい面もあるように思いますので、オンライン講習の受講をご検討頂けましたら幸いです。


オススメの施術器:Spooky2 Portable GeneratorX Essential Kit
https://www.spooky2-mall.com/products/?wpam_id=211
※螺旋周波数研究所ではハードウェアの販売は行っていませんが、3%割引クーポンは発行可能です。ご希望の方はご連絡ください。



周波数施術オンライン講習受付中

去年の11月頃から周波数施術のオンライン講習を始めました。当初、周波数施術器を注文して到着するまでの時間の他、パソコンにソフトウェアをインストールして動作確認する時間、オンライン講習のためのソフトのインストール等を考慮すると、1か月ぐらいは遅れると思っていたのですが、意外と早く1・2週間後には受講の申し込みがあり、始めるに至りました。ただ、お申し込みが早かった方は、パソコン操作に慣れた方々のようで、理解も早いという印象があります。
その後、予約は入っても、準備の関係でスタートまで時間がかかる方がやや増えています。もし、ソフトウェアの特定ヴァージョンとウィンドウズの特定ヴァージョンとの組合せの関係で、ソフトウェアが起動しない等の問題があるようでしたら、お知らせください。以前、不具合を連絡したら、すぐに修正してくれましたので…。
さて、オンライン講習を受講頂き、基本的な使用法が分かるようになれば、施術プログラムは無数にあるので、どれを動かそうかと目移りするものと思います。最初のデトックス・プログラムが終わっていれば、気になるものから順に試してみてください。
類似品のほとんどは電極パッドを身体に貼り付けて施術を行うのみですが、私のところで利用しているものでは、電極パッドでの施術に加えて、DNAサンプルへ施術周波数を照射する遠隔施術、PEMFコイル磁気療法、コールド・レーザー施術が標準装備で、それらの利用前に、異常周波数を探し出すバイオフィードバックスキャンも可能です(血液・尿・唾液等に含まれる病原菌の検出も含む)。また、別売り品にはなりますが、かつてライフが行っていた方法に近いプラズマ光を利用した施術、さらに、ジョルジュ・ラコフスキーがはじめ、テスラが発展させたスカラー波技術と思われる非接触施術もあります。
ほとんどの人は、電極パッド又はリモート(遠隔)で、気になる症状や持病等の施術にだけプログラムを走らせ、他の機能はあまり使わないように思います。優先すべきことを先にやるのは自然ではありますが、非常にもったいないので、将来的にいろいろな機能を試してもらいたいと思います。
時間のある時、片っ端からどんなプログラムがあるのかを調べて、合いそうで面白そうなものを試してもらってもいいですし、プリセット・プログラム内で探してもいいと思います。中には偶然に発見されたものや超自然的な方法で発見されたものもあります。そういったものは、たまたま自分が求めるものと一致していればいいのですが、そうでない場合、家族や仲のいい友人で適当な人が居れば、試してみるのもいいかもしれません。
実際に自分だけでなく、誰かに対しても動かしてみると、大多数に対して有効なもの、ヒトによって全然効果が異なるものなど、次第に見えてきて、巷で効くと言われる周波数が実際にはどうなのか、といった重要なことも分かってくるようになります。

周波数施術の詳細: 螺旋周波数研究所

新年のご挨拶+α

皆様
新年おめでとうございます。
本格的な寒さが到来し、私の暮らす房総半島内陸部でも先週末は雪が降りました。コロナ禍、自宅で過ごす時間が長くなり、薪が不足しないか、少々心配しているところです。

先日、下記のような無料メルマガを読者に配信いたしましたので、ここでも掲載しておきたいと思います。
ケイ・ミズモリ不定期メルマガ(無料) 2021年1月号より

さて、前回予告したように、今回は周波数施術とラジオニクスについてお話ししたいと思います。
Spooky2で周波数施術を行う際、実に様々な周波数プログラムと施術法があり、どれを利用したら良いのか迷う時があります。どれか一つ施術法を選択したとしても、特定の病気や症状に対して複数の周波数プログラムがあることは珍しくありません。
例えば、頭痛の場合、headacheと検索すれば、その名のついた周波数プログラムは18ヒットします。各周波数プログラムには、説明文が掲載されていますので、多くの場合、適切と思われるプログラムを選択できます。しかし、人間は機械ではなく、同じ症状を抱える人であれば皆同じ周波数プログラムで効くとは限りません。そこで、「自分の場合、本当にこのプログラムは合っているのか?」というのが気になるところです。
そんな時、バイオフィードバック・スキャンで異常周波数を見つけ出す手もありますが、それとは別の方法を考えると、有効なのがダウジングです。候補となるプログラムのどれが自分に有効なのか、振り子(ペンデュラム)の反応を見て参考にします。ただ、その反応は日々変化していく可能性があるため、定期的に調べることも大切です。
また、検索でヒットした18のプログラムだけを検査対象とするのではなく、上手く分類しながら他のプログラムも含めて調べていくことも可能です。時に、予想外の周波数プログラムが有効だと分かることもあります(具体的な方法は、オンライン講習の「応用コース」で取り上げます)。
ここで、ダウジングと聞いて、非科学的だと思われる方もいらっしゃると思います。周波数施術においては、ロイヤル・レイモンド・ライフが、顕微鏡を覗きながら、実際にどの周波数で病原菌が死ぬのかを確認しており、周波数発生器から出力される周波数・電圧・波形等も、オシロスコープで客観的に確認可能です。そのような意味では極めて科学的ですが、ダウジングやラジオニクスにおいては異なります。具体的に何がどのように作用するのか、まったく明らかとはなっていません。統計的に、熟練オペレーターが動かせば、高い精度が得られるという表現に留まります。
ここで重要なのは、科学的である周波数施術において、ダウジング利用でのプログラム選択を組み込んだとしても、その施術は100%科学的であるということです。数あるプログラムを片っ端から動かしていくよりも、有効と思われるものを選んで動かすという面で、効率が高まるだけの話です。仮にダウジング結果が間違っていたとしたら、合わない周波数が利用されて効果が不十分という結果が出るだけです。
しかし、ダウジングのオペレーターがラジオニクスを用いて、周波数施術の周波数プログラムを患者のDNAサンプルにインプリントする施術を行うと、完全に非科学的な行為となります。これは、有効性がないという意味ではありません。効くとしても、その理由を科学的に評価できないということです。
実のところ、周波数施術では難しいことがラジオニクスでは可能であるという場合もあります。そのため、私は科学的である周波数施術をメインに使用しつつも、時折、非科学的なラジオニクスによる周波数プログラムの利用も行います。Spooky2ラジオニクスは、シューマン共振の7.83Hzの周波数を与えながら操作を行いますので、同調・共振を利用した分析においては、反応が得られやすい利点があるように思います(Spooky2ラジオニクスは格安なオススメのラジオニクスで、そのオンライン講習はこの春にも始める予定でいます)。
一方、7.83Hzの周波数があまり有効とならないケースもあります。本来、地上の万物はシューマン共振(7.83Hz)で繋がっています。しかし、現代人はそれを失いつつあります(周波数自体が変化したという話がありますが、常に変動するもので、変動幅が大きくなったとしても、平均するとまだ維持されていると言えます)。そのため、通常であれば代謝向上・免疫力維持効果を持つはずの7.83Hzと同調できない人の方が多くなりつつあります。つまり、7.83Hzを浴びても健康面であまり効果が期待できない人が多いということです。
それは、例えば、背骨矯正の施術と比較できるかもしれません。背骨矯正においては、ずれて飛び出した骨を押し込み、背骨がまっすぐ揃うようにしようとしますが、時折、やり方によってかえって悪化させるケースもあります。我々の身体は不調があろうと、何とかバランスを取ろうと、自動的に調整してくれています。悪い状態というのは、単に悪い方向にずれていると捉えるのではなく、悪くならないように、変化させて、ぎりぎりのところでバランスを保とうと守っている状態と捉えることもできます。
背骨も、個々の骨がずれていても、何とかバランスを保っています。しかし、部分的に動かしてしまうと、一気にバランスが崩れてしまうことが起こりやすくなります。究極的には、まっすぐ矯正された状態になることが良いとしても、そこに至るまでの過程は大切です。
同様にして、不調のある人の場合、基本となる周波数は高めに変化していて、周波数施術でいきなり7.83Hzを与えると逆効果の場合があるのです。そのため、デトックスを含め、問題の見られる周波数を少しずつ施術してから、身体が7.83Hzで効果的に応答するように仕向けていく必要がありそうです。そんなことを考えると、ダウジングやラジオニクスのオペレーターも、理想的には、7.83Hzと同調していて、健康であることが求められるように思います。
そして、あくまでも私のダウジングによる調査結果にすぎませんが、日本人で7.83Hzと同調できている人は全体の16~17%でした。女性を前に語るのは複雑な心境になってしまいますが、そのうち89~90%が男性でした。これは、男性では100人に15人、女性では100人に1~2人に相当します。この数字が本当に現実を反映しているのであるとすれば、もっと高めていく必要があると感じています。
この話、実のところ、まだまだ先があるのですが、その気になったら、ブログ上または次回以降のメルマガで記したいと思います。
皆様、本年もよろしくお願い致します。

ケイ・ミズモリ
                                                                  
※クリスマスセールでSpooky2を購入し損なったという方、3%程度と思いますが、友達紹介プログラムで割引購入は可能なようです。購入ご希望の方は、メール頂けましたら、クーポンメールをお送りいたします。オススメ商品はSpooky2 Portable GeneratorX Essential Kitです。
https://www.spooky2-mall.com/products/?wpam_id=211

ケイ・ミズモリの螺旋周波数研究所
http://www.knetjapan.net/

オンライン代替科学講座『科学で解明できない自然界の不思議と古代の叡智』 6ヶ月コース
https://make-fun.com/landing_pages/89
オンライン代替医療講座『隠されてきたガン正体と病気のメカニズム、そして民間療法』 6ヶ月コース
https://make-fun.com/landing_pages/100

ケイ・ミズモリの過去の講演会DVD:
http://www.keimizumori.com/dvdcd.html



 | ホーム |  次のページ»»