FC2ブログ

プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組むナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で自然と触れ合う中、研究・執筆・講演活動を行っている。
著書に『世界を変えてしまうマッドサイエンティストたちの【すごい発見】』、『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研マーケティング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


健康と波と生態系

地上の生命にとって電磁波・放射線は栄養であって、不可欠な存在です。但し、地球が有していた完璧なフィルターが損傷し、自然のサイクルによる脆弱化も重なって、今は栄養として受け止める効率が落ちてきたと言えるかもしれません。これは、我々の頭上から降り注ぐ天然の電磁波・放射線について言っています。ただ、人工の電磁波であっても、きちんと理解が及べば、有害性を抑えることができます。とはいっても、根本的な問題は、コロナ問題でも見えてくるように、経済活動が優先されることなので、本気で考えると、商品を市場に投入できなくなってしまうということはありますが…。
電磁波を栄養として受け止めるには、浸透圧やホメオパシーのメカニズムに対する理解が助けとなります。また、波がどのようにこの世界を進むのか、その理解は不可欠です。それが分かってくると、健康や病気の根本もそれに依存していることが見えてきます。
人間よりも野生動物の方が健康的な傾向がありますが、家畜化・ペット化すると、人間同様に病弱になっていきます。食事や生活習慣といった表面的な問題の背後に、降り注ぐ電磁波・放射線といった波がどのように身体に当たるのか、それが見えてくると、何を食べ、どのような生活が相応しいのかが見えてきます。さらに、自然界の中で、自分がどのような状態にあるのか、生態系のバランスという観点で見つめてみることで、病気や健康に対する相応しいアプローチ法が見えてきます。
先日開設したオンライン代替科学講座では、地上の生物の一員として、この世界で生きていくために不可欠で基本的な知恵を凝縮させています。それは、物理、化学、生物、医療など、幅広い分野にも通じる視点です。あえて霊性という言葉を使えば、それは、人間本来の霊性を取り戻すことにも繋がります。
何年か前、対談講演の際、ある医師が私になぜ『底なしの闇の[癌ビジネス]』といった医療系の本を書いたのかと質問してきました。その時、私は何と答えたのか覚えていませんが、私のやっていることは、地球という環境で暮らす生物として、あまりにも根本的なことなので、それはすべてに通じ、すべての理解の助けになるため、まったく自然なことだと感じています。専門分野を区切るような思考が存在すること自体問題です。この自然界に境界は存在せず、ある秩序がすべてに行き渡っています。現代人は、おそらく経済活動の中に埋没してしまい、根本的な問題を考えることができなくなってきてしまっているのだと思っています。それで、偏った表面的なことにしか関心が及びません。それでは、何も見えてきません。何のためにこの世界に生まれてきたのでしょう…。
先日開設した6ヶ月コースだけでもかなり見えてくると思いますが、現在、さらに別の6ヶ月コースも準備していて、その二つを合わせると、上記で触れたことがすべて明確になるものと思います。

https://make-fun.com/landing_pages/89

オンライン代替科学講座 初回無料動画公開

貼り付けた動画は、クローバー・オンライン・サロンで始めたオンライン代替科学講座の初回無料動画です。
2015年に山口敏太郎さん、北芝健さん、水木ノアさんと『超不都合な驚知トーク 2015』というイベントを開催しましたが、その際、同じテーマで話をしました。しかし、その時の自分の持ち時間は35分。今回の無料動画(前編)に加えて、講座第一回動画(後編)を合わせると1時間10分。つまり、2倍で35分長い。2015年のイベント時に話した内容以上に、かなり詳細に語っているというところに違いが出ていると思います。
クローバー・オンライン・サロンでは、この動画の続き(第一回約38分)から計6回(無料動画を合わせて計7回分)を、様々なテーマで6ヶ月かけて見て頂くプログラムになっています。下記詳細ページをご覧いただき、受講をご検討頂けましたら幸いです。よろしくお願いします。

詳細:
https://make-fun.com/landing_pages/89




火事場の白熱飛行体

夜間、木造家屋が一気に全焼するのを見たことがあります。その時、燃えたモノがどのように舞うのかを観察しました。
うちのような田舎では、翌日、田んぼや耕作放棄地を見て、燃えたものが落ちているのが見えるので、どのように広がったのかはわかりやすい。火事の際、たくさんのものが上昇気流で舞い上がったことが分かります。
基本、燃えゆく家屋の真上に様々なものが舞い上がりますが、ある高度に至ると、上空の空気に抑え込まれるかのように、上昇速度がゼロになり、真下は上昇気流があるため、そのまま落下するのではなく、周囲に広がり、しばらく先で落下を始めます。真上に向けた噴水の水が落下するようなものかもしれませんが、もちろん、それ以上に広がって落下します。ある高度に天井があるかのように、天井伝いに煙が周囲に広がる感じも混ざっているように思います。
自分はそんな現象を見ながら、はっと思ったことがあります。何とも理解の難しい現象が含まれていたのです。
燃えるモノが途中で渦巻き、最高度に達して、動きを停止させるような上空のポイントから、水平方向に超高速で飛ぶモノを時々目にしました。その際、燃えていたものが破裂するような現象が偶然重なって、そうなったのだろうと最初は思いました。一般的には、そのように説明されるのだと思います。
しかし、距離にして1~2キロぐらいか、見えなくなるまで、スピードも高度も落とすことなく、オレンジ色ではなく、白熱した物体が水平方向に高速移動したのです。灰と化す他のものはどれもオレンジ色を帯びていたのに、なぜがそれらは白熱していた。また、それは風向きとは関係しないようで、特定の方向に偏って観察されたようにも見えました。UFOと思う人もいるのではないかというぐらいの高速移動物体(燃えカス)です。もちろん、UFOではないのですが、このエネルギーの源泉は何なのかと、その後、しばらくひっかかっていた。
ただ、拙著『ついに反重力の謎が解けた!』を書いていた時、「ああ、そういうことだったのかもしれない」と思うようになりました。先日記したように、樹木が根から水を吸い上げて、葉で蒸散させる場所、つまり樹冠でのエネルギーと比較できるようにも思います。他にも、似たような事例はいくつかありますが、それらは拙著に含めたつもりです。


樹木における水の流れ、花開く!

植物は根から水を吸い上げ、導管を通って、上方の葉などに水を届ける。
草の場合、茎の中で、導管と師管がどのように存在しているのか、中学の理科で学んだので、皆さんも知っているのではないかと思います。その配置は草の種類によって様々ではありますが、多くは、導管が内側、師管が外側にあります。大地の中で広がった根の先端から遡ると、求心的に地表に向かって水は吸い上げられ、茎の内側で上昇していきます。但し、茎の真ん中というわけではありません。輪を作るものもあれば、均質に散らばっているようなものもあります。
多くの草は、樹木とは異なり、それほど高く成長せず、構造的な強度もあまり必要としないこともあり、そのあたりの内部構造には自由度があるのだと思います。
一方で、樹木の場合、その構造は少々異なります。ただ、内部で導管がどのように配置され、どのように水を吸い上げているのか、調べるのは難しいためか、あまり知られていません。様々な種類の樹木で徹底的に調べられているわけではなさそうですが、だいたいのことは分かっています。まず、樹木は中心部から枯れていくので、中心部に存在する導管はもはや機能せず、水を吸い上げることはありません。途中から外側に存在する導管が水を吸い上げるわけですが、その際、輪を形成するのではなく、螺旋を形成します。
求心的な流れは、その中心点で螺旋を形成しやすい傾向がありますが、それが良く現れています。他の例で言えば、低気圧は周囲から空気を求心的に取り込み、中心軸で反時計回りの渦を形成して上昇流を作ります。竜巻や火災旋風なども、周囲から空気・酸素を取り込み、螺旋を形成します。
ただ、樹木が形成する螺旋の回転方向は一方向に統一されていません。火災旋風同様、時計回りも反時計回りもかなりあります。しかし、いずれもしても、反重力効果生じます。
拙著『世界を変えてしまうマッドサイエンティストたちの【すごい発見】』(ヒカルランド)でも紹介しましたが、オーヴィン・ワグナー博士は、幹の中に小型の加速度計を埋め込み、樹木が根から水を吸い上げる際の重力加速度の変化を測定していますが、その結果、最大22%の減少が確認されています。
因みに、この22%という数字ですが、私の考えでは、この現在の地球環境において言える数字であって、大昔の異なる地球環境においては、もっと大きな数字になっていた可能性はあると思っています。
それで、求心的に取り込んだものは、いずれ遠心的に拡散します。樹木は地上で枝葉を広げ、そこで水を蒸散させて、それがまた根から水を吸い上げる原動力になり、一つのサイクルが形成されます。
これはいわゆる樹冠の部分で、水の状態変化が起こる場所で、森においては、生物が豊かに存在する特別な空間を形成します。エネルギーに満ちています。打ち上げ花火が昇りきるまで上り詰めて、爆発して花開く場所と似ています。実際に樹木はそこで花を多く咲かせます。


ケイ・ミズモリのオンライン[代替科学]講座『自然の不思議と古代の叡智』:
https://make-fun.com/landing_pages/89

植物が好む音楽と「同調の法則」

 何年も前のことですが、拙著において、植物はクラシックや民族音楽などは好む一方、ロック音楽は好まず、聞かせていると、成長が鈍化したり、枯れてしまうことに触れました。これは、60年代アメリカでかなり実験・研究されたものです。それで、自分はロック音楽においては、エレキギター、ベース、シンセサイザーなど、交流電源を使った楽器が利用されていることがその理由かもしれないと指摘しました。当時、特別深く考えることなく、漠然とそのように想像しました。ただ、それ以後、そんな分析を行っていたことに関してはすっかり忘れていました。
 それで、最近になって、重力を操ることができたジョン・キーリーほどではないとしても、同調の法則に気付くようになって、ふと思い出しました。リズムや周波数、和音など、考えるべき要素は多々あるものの、やはり、交流電源を使った楽器の使用が大きな理由であると。
 そこには深い理由があります。同調の法則です。キーリーの研究者は世界中にたくさんいますが、残念ながら、字面を追いかける程度で、彼の言いたかった同調の法則について深く理解できた人はいなかったのかもしれません。いろいろと資料を見ましたが、全然解説されていません。結局、予備知識は忘れて、自分で考えていたら、ふと思い出したかのように「そういえば・・・」と見えてきたところがあります。
 15日(土)のセミナーにおいて、同調の法則について図に描いて説明したいと思っています。これは、古代人の科学を理解する助けにもなりますが、現代人が科学を発展させるうえで、最も重要なことかもしれません。


9月15日(土) 出版記念セミナー@ヒカルランドパーク
http://hikarulandpark.jp/shopdetail/000000001940



««前のページ  | ホーム |  次のページ»»