プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


新作の原稿完了

ご無沙汰いたしております。
昨年11月頃だったか、新作の執筆に取り組んでいることに触れました。それで、いろいろと悩んでいた中、ようやく方針が決まって、書いて行けそうだということを語りました。
その後ですが、実は、かなり順調に進み、1月上旬にもほぼ書き終えてしまったんですね。その後、ゲラとして出してもらい、改めて訂正する部分を検討してきて、つい先日、それも終えたところです。
但し、出版はどうなのか?というと、まだまだいつになるのか、さっぱりわかりません。

今度の本は、さまざまな分野を話題にしますが、特に、生物の分野での不思議現象を多く取り上げて、そこに未知の波動が関与していることに触れ、その正体を追究していきます。それは、反重力にも関わりますし、我々の現代文明が抱えるエネルギー問題にも関わります。その波動の正体が分からないから、現代文明は行き詰まっていると言えるのかもしれません。しかし、逆に言えば、その波動の正体がわかると、まさに人類の未来が開かれるということになる訳で、今度の本は、フォーカスすべき点を明確にして、方向性を示すような内容になっていると思います。

何とか夏までには出版されて欲しいものです。(笑)


スポンサーサイト

掃除、補修、復旧

現在の家に引っ越してきてそろそろ5年。これまで、外からは見えない部分で、構造的に影響のある部分をメインに補修工事をしてきたのですが、目に見える外側で、直さないといけない箇所がいくつも出てきた。下屋の屋根を直し、腐った杭を取り換え、あちこちのペンキ塗りなども加わり、今年は例年以上に工事が多かった。また、年末になり、炊飯器が故障して、買い替えたものが昨日が届いた。
さらに、Windows 10 にアップグレードしてからパソコンの不調が進み、面倒ながら、Windows 7 の再インストールを行った。Windows Liveメールを使っていたので、メッセージ、アドレス、設定など、全部エクスポートして保存。ハードディスクをフォーマットして、Windows 7に戻した。使えなくなったソフトが使えるように戻ったのは良かったが、いつのまにかWindows Liveメールがもうダウンロードできなくなっていた。こりゃ困った! 
いろいろと調べてみたところ、サンダーバードなる無料のメールソフトでデータを読み込めるらしいことがわかった。ただし、アドオンをインストールしないとできず、しばらくそれに手こずった。で、何とかメッセージをインポートしようとしたら、データが大きすぎてダメだということが判明し、ここでも手こずり、フォルダーを複数作り、分散させながらインポートして、何とか使えるようにできた。そして、他のソフトもインストールして、ようやくパソコンが使えるように戻ったのが昨日のことでした。
なんだか今年は仕事が大してはかどらず、掃除、補修、復旧の1年でした。来年はもう少し建設的なことをしたいですね・・・。

見晴らしと今後の方針

1週間ほど前まで、次回作をどう書いていったらいいのか、ずっと悩んでいて、方向性が定まりませんでした。
拙著『ついに反重力の謎が解けた!』(ヒカルランド)の続きを書くつもりでいたのですが、前作で触れた事例について、繰り返し言及するので、また同じことを書かないと分かりづらくなってしまう。それだったら、前作分で重要性の低い部分を大幅にカットするとともに、触れられなかった重要情報を大幅に加筆して、改訂版にした方が良さそうな感じがした。
しかし、出版されて間もないこともあり、当然ながら、まだまだ改訂版など出版させてもらえそうにない。棚上げして、まったく別の本を書いておいた方がいいだろうか? それで悩んでいたんですね。

とりあえずの結論は、年末の大掃除の季節に入っていたので、仕事場の窓を掃除すること。窓が汚れていると、将来の見通しが悪くなると記憶していたので・・・。そうしたら、翌日、ひらめきました。(笑) その翌日には、さらに具体的な方向性が!
傍から見ると、まったく無関係な本に感じられるはずなのですが、マニアックな研究マインドのある方が読んでみると、実のところ、かなり反重力に関わる内容というものが・・・。

もちろん、本を書き上げるには何カ月かかかり、途中で何度も立ち止まって、どうしたらいいのかと考え込んでしまうことは常にあるのですが、とりあえず、全体の方針としては固まったというところで、今はそれを進めながらも、家のあちこちを補修・掃除等行っているところです。
とはいえ、そもそも出版してもらえるかどうかも分からないのですが・・・。(汗)



ゲキサム

今シーズン一番の冷え込みでした。氷点下2度まで下がったようです。朝起きたら、室温が8度。雨戸をあけて、庭を見たら、外は銀世界。初霜ですね。
例年よりも少し早い気がします。
まあ、それでも12月に入れば、3月まで毎日霜が降りて当たり前という、房総半島の内陸部ですが・・・。
薪が足りるのかどうかが少々気になってきた・・・。(汗)

冬ですね

本格的な寒さがやってきて、いよいよ薪ストーブの稼働となりました。
お約束の焼き芋も一緒です。
そのうち、湯たんぽのお湯も沸かすようになります。

20171119.jpg



 | ホーム |  次のページ»»