プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組むナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で自然と触れ合う中、研究・執筆・講演活動を行っている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研マーケティング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


「農」シーズンの始まり

ようやく暖かくなってきましたね。今日はアマガエルが鳴いていました。今年初の鳴き声なので、例年よりも遅い印象です。
そして、夕方の日差しが長く感じられ、急速に季節が変化しているように感じました。

そろそろジャガイモを植えるべく、2週間ほど前から畝づくりを行っていたのですが、本日、10メートル3本半を何とか終わらせ、種芋5キロを植えたところです。ジャガイモは連作障害が出やすいこともあり、今回、荒地化していたところを耕したので、かなり苦労しました。竹の根を何本も取り出して、綱引き状態で引っ張っては、ちぎれてぶっ倒れることも・・・。(汗) 来年からは5キロではなく、4キロに減らしたくなりました。そして、すぐ隣で昨年ジャガイモを植えていたのを思い出してしまい、境界付近でちゃんと育つのかどうか、微妙なところかもしれません・・・。

まとまった量を育てるのは、他にサツマイモと落花生を予定しています。この二つはかなりいい加減に植えてもちゃんと育ってくれるので、結果はどうあれ、既に今シーズンで最大の重労働?を終えたということになるかもしれません。

という訳で、ほっとしたところではありますが、これから様々な野菜の種まきラッシュです。限られた庭の畑スペースで、どの野菜をどこに植えるようにローテーションしていくか、そろそろ難しい段階になってきました・・・。



スポンサーサイト

復旧作業

昨日の暴風雨でトウモロコシや枝豆など、いろいろとぶっ倒れました。
という訳で、朝から復旧活動を行っていました。こういうのは、毎年数回あるものの、毎回、翌朝には対応せねばならないので、オンシーズンに何日も家を空けるとか、そういうのは無理ですね。
インゲンは強風に弱いので心配でしたが、幸い、ダメージがそれほどでもなく、助かりました。そろそろ収穫のタイミングが近づいているので・・・。

春の恵み一段落

春は野生の健康的な草を食べる機会に恵まれます。
フキノトウに始まり、セリ、菜の花、ツクシ、ぺんぺん草、ノビル、ニラ、そして、今はフキの茎や葉、桑の実など。
先日は、桑の実を収穫して、ジャムを作りました。とても上品な味です。

畑では、鳥に食べられてもうダメだと思っていた絹さややウスイエンドウなどが一部復活。ソラマメは例年通り豊作で、連日食べていましたが、そろそろ終わり。
一方、栄養不足で玉ねぎやニンニクはあまり肥大せず、ジャガイモも石灰に影響を受けだ場所、連作傾向の場所、それ以外のところで、差がはっきりと表れ、全体的には生長が足りない。とはいえ、新玉や新ジャガはなかなか楽しめます。
また、この時期、夏大根の間引きの関係で、若くみずみずしいものが食べられる季節です。

稲も伸び、山の新緑が美しくなり、景色は良くなりましたが、妙に眠くだるい日が続いています。(汗)

そろそろ一段落

この時期、サツマイモ、落花生、里芋などの植え付け&草刈りで忙しくしておりますが、あともう少しというレベルになりました。
サツマイモは、両親が毎日のように食べ、自分も冬のおやつとして欠かせないため、一般家庭としては多めで、例年の100本よりは25本減らしたものの、75本のツルを植えました。
落花生も、植えた面積で言えば、サツマイモと同量です。やせた土地で無肥料かつ水まき不要で元気に育ちますので、とても助かります。メインの楽しみは秋に塩ゆでで食べることですが、残りは乾燥させて、味噌ピーでも、炒ってもいいし、砕いてサラダにナッツとしてのせるのも美味で、様々に利用できます。乾燥後は、保存に場所を取らないのもいいです。我が家では枝豆、大豆以上に重視しています。
あと、10メートルの畝1本分、落花生を植えれば、とりあえずの大仕事は終わるので、あともう少しです。
因みに、落花生の殻をいくつか並べて、手をかざしてみると、比較的強い空洞構造効果が感じられます。内側の光沢感がなかなかいいですね。



農繁期

今は一年の中で最も忙しい時期です。コメは作っていませんが、サツマイモ、落花生、里芋の他、いろいろと種まきがあります。
今日は雨のため、連日の農作業も休みですが、イモヅルをバケツに入れてあるので、本当は頑張って植えてしまいたいところです。
荒れ地に戻りつつある畑で、竹のような面倒な地下茎を掘り出し、植えられるように戻すのをすべて手作業で行っているので、1日で10メートルの畝1本が限度という感じです。
うちの周りでは、幸いキョンは目にしないのですが、猫とカラスが畑を荒らし、植えたつもりのイモヅルがいつの間にか消えてしまうので、マルチを使わないと厳しい状況。75本用意したイモヅルがまだ30本、畝にして1本ちょっとが残っていて、そのあとに落花生を畝4本分と里芋1本分をやるので、5月中旬まで掛かるかもしれません。

しばらく時間が作れそうにないので、6月10日のヒカルランドでのセミナー向けに、そろそろ中身を考えておかねばならないところですが、我々がどのように音、色、光といった波動に影響を受けているのか? 健康のバランスを回復させたり、長寿のためには、どのような周波数・波長のバランスで、それらの波動を利用できるのか? そんな部分に触れようかと思っています。
健康・長寿は、波動の浴び方でかなりの部分が決まってくるものの、誰もがほぼ同じ条件でこの地上で暮らしているためか、軽視されてきているのではないかと思います。
例えば、感染症において、バクテリア、ウィルス、真菌といった原因だけに注目するのではなく、波動レベルで見ると、何が起こっているのか? それを考えてみると、波動の種類がもたらす影響力が見えてきます。環境汚染、食事、生活習慣等を超えたレベルの話をしたいと思います。


 | ホーム |  次のページ»»