FC2ブログ

プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組むナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で自然と触れ合う中、研究・執筆・講演活動を行っている。
著書に『世界を変えてしまうマッドサイエンティストたちの【すごい発見】』、『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研マーケティング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


英カージー事件の真相はタイムトリップだったのか?

タイムトリップ説が囁かれる英ガージ―事件に関して、ビジネスジャーナルに寄稿しました。ご一読頂けましたら幸いです。

https://biz-journal.jp/2020/06/post_160256.html

スポンサーサイト



チバニアン、見学時の注目点と認定までの騒動概説

ビジネスジャーナルにチバニアンに関して寄稿しました。
コロナ問題が起きる前に取材に行きましたが、まだ見に行っていない方、参考にして頂けましたら幸いです。

https://biz-journal.jp/2020/05/post_158295.html

オンライン[代替科学]講座を開設しました!

数年前より、代替科学を幅広く学べる講座のようなものを作りたいと考えてきました。どんなカリキュラムにすべきか、中学や高校の理科の教科書などを参考に、細かくテーマ分けしていこうかと思いつつも、何を取り上げても互いに関連し合うこともあって、どこからどのように始めたらいいのか分からず、なかなか進みませんでした。
ただ、昨年末、オンライン講座の話を出版社の人から聞いて、再び考えるようになっていました。そして、今回、コロナ・ウィルスの問題が広がったことで、自分も半失業状態となり、じっくり考える時間ができて、過去から現在までに自分が研究してきたことで、互いに関連性の強い情報を3つ程度であれば、グループ分けできると考え、6回で完結する内容を3つ作ることにしました。
それで、1週間ほど前、最初のシリーズが完成して、とりあえずはそれを公開する運びとなりました。
現在、ほとんどの方は、自宅で過ごす時間が増えているものと思います。こんな時期は、長時間ゲームで過ごす子供たちも多いと聞きますが、何かを学ぶには最適と思います。ページ数が多くて後回しになっていた大作を読むとか、完成させるまでに時間のかかるプロジェクトに取り組むとか、忙しい時には難しいことができるのではないかと思います。
それで、既にそんなことを始めている人も多いかと思います。ただ、一方でなかなか集中して有意義に時間を過ごせないという方もいるのかもしれません。今の時代、そんな方には、やはり動画を見て学ぶというのも一つの選択肢なのではないかと思います。
今回、私が作ったのは、約30分の無料初回動画1回分と、約30分の動画6回分のオンライン講座です。私の過去の本をすべて読み、DVD(講演会)もすべて見たという方には重複している印象もあるかもしれませんが、内容はアップデートしながら、要点を上手く抽出し、再構成したものとなっています。6ヶ月かけて見る内容ですので、この時期にすべてを一気に見るわけにはいきませんが、お申込み頂くと、無料動画と初回動画はすぐに見ることができます。どうぞこの機会にご覧頂けましたら幸いです。

ケイ・ミズモリのオンライン[代替科学]講座『自然界の不思議と古代の叡智』:
https://make-fun.com/landing_pages/89

匂いは感情を運び、同調を促す!

ビジネスジャーナルに「匂いは感情を運び、同調を促す!」というテーマで寄稿しました。
ご一読頂けましたら幸いです。

https://biz-journal.jp/2020/03/post_144645.html


ビジネスジャーナルに寄稿しました

ファチマの奇蹟が予言されていたことをビジネスジャーナルに寄稿しました。

前編: https://biz-journal.jp/2020/01/post_137518.html
後編: https://biz-journal.jp/2020/02/post_139662.html


 | ホーム |  次のページ»»