プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組むナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で自然と触れ合う中、研究・執筆・講演活動を行っている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研マーケティング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


魚を食べると頭が良くなる?

掲載が1か月遅れてしまいましたが、ビジネスジャーナルに「魚を食べると頭が良くなる?」というテーマで寄稿した記事が掲載されました。

http://biz-journal.jp/2018/03/post_22741.html

スポンサーサイト

生物学的元素転換論議についた尾ひれとその真偽は?

ビジネスジャーナルに「生物学的元素転換論議についた尾ひれとその真偽は?」というテーマで寄稿しました。
もし実験してみて、成功したという方がいらしたら、是非ご連絡下さい。(笑)

http://biz-journal.jp/2018/02/post_22403.html

インナーアースとテロス

ダイアン・ロビンスさんの三部作を1冊に凝縮させた本がいよいよ出版となりました。
シャスタ山と地底世界に関連したスピリチュアルメッセージが満載です。
これまで読んだことのなかった方、3冊買うにはちょっと・・・と考えていた方にはピッタリの本だと思います。
どうぞお読み頂けましたら幸いです。



リバーススピーチ動画の公開

2015年2月28日に東海道かわさき宿交流館で開催した『超不都合な超常科学トーク 2015』の私のパートだけを取り出した無料限定版を公開しました。

********************************************

2015年2月28日(土)開催  『超不都合な超常科学トーク 2015』@東海道かわさき宿交流館
水守 啓 x 益子祐司 x 深月ユリア + 早苗ネネ
 ★限定公開版★
驚異のリバース・スピーチ by 水守 啓(ケイ・ミズモリ)

リバース・スピーチは決して空耳ではなく、発言者の無意識(深層心理)=本音の発現であり、犯罪捜査にも活用されてきた究極の嘘発見器である! 代替科学の研究者ケイ・ミズモリが初めて日本語によるリバース・スピーチ例を公開! 驚異の音声がここにある! 

【限定公開版45分に含まれる主な内容】
〇ヒトの声を逆再生すると不都合な真実が暴かれる! by 水守 啓(ケイ・ミズモリ)
リバース・スピーチは究極の嘘発見器だ! / 日本語リバース・スピーチ生音声の再生! / 大阪市長橋下徹氏のパフォーマンスの裏に? / STAP細胞論文の筆頭著者小保方晴子氏の本音は? / 男子水泳冨田選手は本当にカメラを盗んでいたのか? / 我々は自分の深層意識を知らない! / ヒトは無自覚で深層意識による会話を行っていた!? etc.

【DVD版2時間32分に含まれる内容】
〇早苗ネネ(歌手) 2曲+α、
〇地球を訪問する異星人たちの意外な側面 by 益子祐司(翻訳家・コンタクティ)
遭遇体験から分かった本物の地球外UFOの見分け方 / 私が出会ったスペースブラザーズとシスターズ / UFOはなぜ大衆の前に堂々と着陸しないのか / 真相の公開が不都合なのは影の陰謀組織だけではない / 宇宙の兄弟姉妹たちが安易に愛のメッセージを伝えない理由etc.
〇瞬時に繋がるチャネリング実演 by 深月ユリア(女優・魔女)
 繋がることのできる霊もいれば、繋がることのできない霊もいる! / 恐ろしい霊と繋がることで味わう苦痛とは? / いまアドルフ・ヒトラーが伝えたいメッセージとは? / 今は亡き著名人(湯川遥菜さん、松岡農水大臣)と繋がって事の真相を聞く!? / 参加者からのリクエストで霊と繋がる!etc.
********************************************

DVDの詳細とご注文:
http://www.keimizumori.com/dvdcd.html


驚異のリバース・スピーチ
http://www.keimizumori.com/reversespeech/





 | ホーム |  次のページ»»