プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


古代人の反重力技術の補足説明

拙著『ついに反重力の謎が解けた!』(ヒカルランド)の執筆を進める中、終盤に至ると、自分が書きたいことのすべてを1冊にまとめることは無理だと感じるようになりました。文科系の人を含めた一般読者をメインターゲットにして書き進めたので、あまりマニアックになりすぎないレベルで終わらせるべきという思いもありました。そんなこともあり、古代人が利用した空中浮揚(反重力)技術には「振動」と「電気」が鍵になると指摘しながらも、肝心の「振動と電気が必要な理由」についてきちんと解説しませんでした。
その部分は、恐縮ながら、分かっていないかのように装い、まさに次の機会に回すように判断した、とても重要な個所です。拙著においては、古代の空中浮揚技術の理解に必要な考え方・アプローチ法については詳細に紹介してきたので、勘の良いマニアックな方であれば、その思考法をそのまま延長させれば、自ずと分かるはずと考えたこともあります。じっくりと時間をかけて考えれば、マニアックな研究者の少なくとも1割ぐらいはそのうち理解に至るだろうと予想しました。だからこそ、書き過ぎたとすら感じたわけです。
もちろん、読者から報告を受けているわけではないので、自分の予想が当たっているのかどうかは全く分かりません。わかったと感じた方はあえて黙っているのではないかと思いますので…。
それで、来月7月29日(土)にヒカルランドで出版記念セミナーが予定されています。やはり参加者へのサービスも考えれば、何か拙著で触れなかった部分も語るべきと感じています。本当は各自もっとじっくりと考えて頂く時間をおいてから語りたいと思っていた部分ではありますが、「振動と電気が必要な理由」について初公開したいと思っています。
去る6月10日(土)のセミナーにおいて、この物質世界・自然界における希薄・濃密の関係、流体波動の反射・散乱・吸収・透過の性質など、自然や健康に関わる基本的要素について触れました。古代の空中浮揚技術の理解にも、その概念が重要になってきます。
拙著において触れましたが、古代の空中浮揚技術は、古代人の叡智が結集した結果であり、流体波動に関する深い知識があったからこそ可能であったと自分は感じています。また、科学的なアプローチで見えてくる面はかなりありますが、同時に、自然と生命を尊重する意識があってはじめて見えてくる領域もあると感じています。
7月29日(土)のセミナーは、自分からすると短い2時間です。拙著の内容を詳細に振り返って説明する時間がありません。参加予定の方、恐縮ですが、事前に目を通しておいていただき、解決されていない疑問点を意識しながら、確認と同時に、新たな情報の理解が進むよう、準備しておいて頂けましたら幸いです。6月10日(土)のセミナーのDVDは、これから制作します。完成次第、お知らせしたいと思いますが、この時の内容もだいぶ理解の助けになるものと思います。
拙著をお読み頂き、その先が知りたいと感じられた方、7月29日(土)のセミナーにご参加頂けましたら幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

7月29日(土)セミナー:
http://hikarulandpark.jp/shopdetail/000000001331/001/X/page1/recommend/



スポンサーサイト

復旧作業

昨日の暴風雨でトウモロコシや枝豆など、いろいろとぶっ倒れました。
という訳で、朝から復旧活動を行っていました。こういうのは、毎年数回あるものの、毎回、翌朝には対応せねばならないので、オンシーズンに何日も家を空けるとか、そういうのは無理ですね。
インゲンは強風に弱いので心配でしたが、幸い、ダメージがそれほどでもなく、助かりました。そろそろ収穫のタイミングが近づいているので・・・。

新装版『シャスタ山で出会ったレムリアの聖者たち』

mtshasta-book.jpg

新装版『シャスタ山で出会ったレムリアの聖者たち』が刷り上がりました。きれいに仕上がっています。まもなくヒカルランドから発売されます。
古来、シャスタ山では不思議な出来事が起こってきていて、主な具体例に関しては、8月発売の『ムー』で紹介しますが、この本の内容も「事実に基づいているのでは?」と思わせるものがあり、70年以上に及んで愛されてきた名作です。
過去にお読み頂いていない方、どうぞご一読頂けましたら幸いです。



今年も奴らがやってきた(笑)

例年よりもだいぶ遅い印象ですが、ちびケロの団体様がやってきました。
玄関のガラス戸全体では80匹ぐらいはいたでしょう。
とにかくサイズが小さく、小指の第一関節よりも小さい。
一度やってくると、しばらくいるので、庭を歩くと、踏みつぶしそうになります。
しかし、いつの間にかちびケロは消えていき、サイズの大きなものが残っていくので、自然淘汰の結果だろうか。
玄関に100匹いるとなると、自宅敷地内に1000匹以上いてもおかしくない。
近くに田んぼがあるとはいえ、いつもこの数には驚かされる。

kero20170618.jpg


ワクチン非接種者の方がやはり健康的(ビジネスジャーナルへ寄稿)

ワクチン非接種者の方が接種者よりも健康的であるという調査結果を報告する記事をビジネスジャーナルに寄稿しました。
ご一読頂けましたら幸いです。


http://biz-journal.jp/2017/06/post_19484.html




 | ホーム |  次のページ»»