プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ベッド傾斜療法の実践

去年、下記リンクのように、ベッド傾斜療法について紹介しました。
全身が傾斜するようにベッドを傾けて寝ると、血液の循環が改善し、代謝力が高まり、免疫力も上がるというものです。

http://biz-journal.jp/2016/11/post_17122.html

なかなか実践できずにいました。畳の上に布団を敷いて寝るのが習慣だったため、傾斜をどのように作るか悩んでいたのです。
コンパネの下に材木でも置けば傾斜を作れるのですが、材木を斜めにカットするのが面倒で先延ばしになっていました。

また、ベッドもあるのですが、納戸に突っ込んで、荷物に溢れ、引っ張り出すのがなぁ~という状態でした。
ただ、納戸の掃除を兼ねて、ついにベッドを取り出すことに。
都合が良かったのでは、ベッドを自作していて、その時の脚がかなり長かったこと。つまり、斜めにカットすれば、それほど難しいことではない。
もちろん、丈夫な市販のベッドを使っている方は、厚み15センチのコンクリートブロックでも下に置けば済むと思います。
ただ、自分が作ったベッドの脚は8本あるので、ベッドを壊さないように、全部の脚を斜めカットがベスト。
それで、ついにやりました。

まだ始めたばかりなので、なんとも言えませんが、ちょうど6月10日(土)セミナーあたりで、20日ぐらい試したことになるので、報告しようかと思っています。5%はきついように感じたので、当面、4%弱の傾斜で試すことにしましたが、寝心地は全然悪くないですね。また、こちらでも書いてみたいと思います。


スポンサーサイト

6月10日(土)出版記念セミナー

自然・生物に見られる神秘に迫ることは、人間の健康や謎を知ることにも繋がります。特に、波動の観点でアプローチしてみると、意外なことが見えてきます。

しかし、「波動」と聞いて、ぼんやりと分かっても、具体的にはよく分からないという方が多いかと思います。多くの人が曖昧な知識なまま語り、怪しい印象を与えてしまっている背景もあるように思います。

そのような意味で、自分は「波動」という言葉はあまり好きではなく、できるだけ、音、色、光、電磁波といった具体的な言葉を使うようにしています。それらの要素が生物にどのような影響を与えているのか、それを理解できるようになれば、健康維持のメカニズムについても見えるようになり、波動を具体的に分かるようになると思います。

例えば、音と色は密接にかかわっています。色において、赤の反対は緑です。音波において、8Hzの反対は11Hzです。色は1オクターブしかありませんが、音の世界では11オクターブあります。8Hzでも64Hzでも512Hzでも同じ特徴を持っています。
ただ、音、色、光などの波動は、その浴び方次第で健康に大きく影響を与えます。周波数がまったく同じでも、強さが違うと効果が逆転することもあります。先日触れた、浸透圧のような原理も関わっています。

6月10日(土)は、具体的にどのような波動が我々を含めた生物にどのような影響をもたらすのか、健康の問題と絡めて話していきたいと思います。7月29日(土)には反重力をテーマにしたセミナーを予定していますが、これは、反重力について知る上でも役立つものになると思います。

6月10日(土) セミナー詳細:
http://hikarulandpark.jp/shopdetail/000000001270/

波動的視点による生命・自然現象から反重力まで~⑤振動吸引

 これまで4回連続して書いてきましたが、忙しくなり、少々間隔を開けてしまいましたね。過去の投稿を思い出しながら、お読み頂けましたら幸いです。

 地面から雑草を引き抜いたりすると、根にたくさんの土が絡みついていて、根を持ち上げたというよりも、大量の土を持ち上げたということがあります。特に土が湿っていれば、手で土を落とそうとしても、なかなか土を落とすことはできません。根もちぎれてしまいます。しかし、揺すぶると、根がちぎれることなく、土だけが落ちてゆきます。
他にも似たような例があります。掃除の汚れ落としの時も、強い力でごしごし大きなストロークで擦ってもなかなか落ちないことは多々あります。そんな時、力を抜いて、軽く小刻みに擦ると、簡単に落ちてしまったりします。

 これは、振動の力です。物質は粒子の集まりで、振動が加わると、結合力が緩み、生じる隙間により微小で希薄なものを取り込む吸引力を生み出します。そのため、根に絡みついた土も、揺することで落ちていきます。
 空気や水のように、間隙に入り込む側に立って考えると、初めから物質の内部に入りたがっていたところ、振動による間隙の発生で、入り込めるようになる訳ですが、その瞬間、押す力と同時に、引っ張られる力も、瞬間ですが発生します。これは、小規模爆縮のようなもので、障害物・フィルターを介して流体が流入します(この物質世界は、障害物・フィルターだらけで、浸透圧似の現象や、波動の吸収、透過、反射、散乱等で様々なことが決まってきます)。

 実は、振動は真空似の低圧空間を生み出し、流体を引き込む性質があります。振動ベースの空中浮揚の鍵は、ここにもう一つ別の要素が加わることにあるのですが、流体を空気や水で考えると、壁にぶつかります。
拙著『ついに反重力の謎が解けた!』において、人体空中浮揚のメカニズムに関して説明する際、いろいろなケースを引き合いに出して、まず空気や水について考えて頂きました。そして、その先のことをきちんと説明しませんでした。含めるかどうか考えながら、語ると物議を醸すかもしれない面もあり、結局、書かずに終わらせてしまったというところです。
流入する流体について語りだすと、さらに分量が増えますし、その先の重要なところは自身で考えて頂きたかったこともあります。ただ、作者の意図を読者に伝えるのは難しく、補足すべきと感じるところもありますので、7月29日(土)の出版記念セミナーにおいては、この先の核心に迫る部分にも触れたいと思っています。


http://hikarulandpark.jp/shopdetail/000000001331/001/X/page1/recommend/

学研『ムー』6月号に寄稿しました

学研『ムー』6月号に反重力に関して寄稿しました。
拙著『ついに反重力の謎が解けた!』をお読み頂いていない方、まずはこちらの記事をお読み頂けましたら幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

http://gakkenmu.jp/mu/11445/

ビジネスジャーナルへ寄稿しました

ビジネスジャーナルに「殺傷能力のある武装ドローン、警察による利用解禁の是非」と題した記事を寄稿しました。
どうぞご一読頂けましたら幸いです。

http://biz-journal.jp/2017/05/post_19017.html



 | ホーム |  次のページ»»