プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で農作業を通じて自然と触れ合う中、研究・執筆活動に加え、各種セミナー・イベント等をプロデュースしている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研パブリッシング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ゲキサム

今シーズン一番の冷え込みでした。氷点下2度まで下がったようです。朝起きたら、室温が8度。雨戸をあけて、庭を見たら、外は銀世界。初霜ですね。
例年よりも少し早い気がします。
まあ、それでも12月に入れば、3月まで毎日霜が降りて当たり前という、房総半島の内陸部ですが・・・。
薪が足りるのかどうかが少々気になってきた・・・。(汗)

スポンサーサイト

私は平行宇宙からやってきた?

久々にビジネスジャーナルに超常現象ネタで記事を書きました。
骨休めにご一読頂けましたら幸いです。

http://biz-journal.jp/2017/11/post_21432.html

冬ですね

本格的な寒さがやってきて、いよいよ薪ストーブの稼働となりました。
お約束の焼き芋も一緒です。
そのうち、湯たんぽのお湯も沸かすようになります。

20171119.jpg


グレベニコフ博士が秘密にした昆虫

そう言えば、ネットサーフィンもしないので、知りませんでしたが、何年か前に、グレベニコフ博士が秘密にしてきた昆虫(の鞘翅)と同一かどうかは知りませんが、同様の効果をもつものが発見されていたようですね。絶滅の危機に曝されていないのかどうか分かりませんが、一日も早く人工的に簡単に作れることが示されていくことを願うばかりです。

自分も来年あたり重要情報を公開する予定ですが、ここ数年、すぐに世界は変わりそうでいて、それほどでもないのを感じながら、少々落ち着かない感じがあります。




反重力セミナー動画の無料公開版をアップしました

去る7月29日にヒカルランドパークで行った出版記念セミナーの最初の50分を収録した無料動画を公開しました。前半部分に限られますが(重要な部分は後半で語っています)、関心のある方、参考にして頂けたら幸いです。


*****************************************
2017年7月29日(土)開催  水守啓(ケイ・ミズモリ)
『ついに反重力の謎が解けた!』出版記念セミナー @ヒカルランドパーク
 ★限定公開版★
古代の空中浮揚(反重力)技術の具体的説明。
~コヒーレント振動による同調+磁気が鍵!

古代の賢人はいかに巨石を空中浮揚させたのか? 代替科学の研究者ケイ・ミズモリが技術的な説明を展開。『ついに反重力の謎が解けた!』では語れなかった重要情報など、反重力・フリーエネルギーの研究者にも役立つ基本的な概念を紹介。

【限定公開版に含まれる主な内容】
世界中に音を利用して巨石を空中浮揚させた伝説・伝承がある / 近代の研究者・発明家も音で石を空中浮揚させた例がある / 音波浮揚は巨石にも通用するのか? / 人体空中浮揚との接点は? / 振動と電気が必要? / 爆縮:低圧空間に流れ込むエネルギー / [希薄]⇒[濃密]への浸透圧フィルター効果 など

【DVD版にのみ含まれる内容】
反射・透過する電磁波の作用 / 物質の性格を変えるコヒーレント振動 / 電気は物質に命を吹き込む! / 振動と低圧空間の生成 / 「ストレス=意識」が物質に与える影響 / 磁気の介入が鍵 など


DVDの詳細と注文:
http://www.keimizumori.com/dvdcd.html

ケイ・ミズモリ(水守 啓)公式ホームページ:
http://www.keimizumori.com/

ケイ・ミズモリ(水守 啓)Facebook:
https://www.facebook.com/kmizumori





 | ホーム |  次のページ»»