FC2ブログ

プロフィール

keimizumori

Author:keimizumori
早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組むナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究家。 現在は、千葉県房総半島の里山で自然と触れ合う中、研究・執筆・講演活動を行っている。
著書に『ついに反重力の謎が解けた!』、『底なしの闇の[癌ビジネス]』(ヒカルランド)、『超不都合な科学的真実』、『超不都合な科学的真実 [長寿の謎/失われた古代文明]編』、『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)、 『リバース・スピーチ』(学研マーケティング)、『聖蛙の使者KEROMIとの対話』(明窓出版)などがある。


リンク


検索フォーム


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


キクイモ

去年、知人からキクイモをもらい、それを種イモとして植えてみました。
荒地に近い畑の一角にただ穴を掘って1列に1ダースほど埋めただけ。すると、背丈2.5メートルぐらいに成長した。台風で何度か倒れたものの、1か所からかなり大量に収穫できた。保存がきかないので、大半はまだ植えっぱなしです。

皮をむく必要がないので料理は簡単。生で食べる際は、薄くスライスして、醤油に少し漬けておけば、サラダ感覚。
ジャガイモのようにただ鍋料理に突っ込んでもいい。油で揚げて食べるのもなかなかだった。細いところは渋いので、丸く膨らんだ部分のみ食べるのがいいですね。
何も知らずに栽培してみたのですが、キクイモには多くのカリウムが含まれ、低カロリーで、血糖値を改善するので、糖尿病の人には人気があるようです。

キクイモ栽培で問題があるとしたら、イモの取り残しを放置すると、一気に増え、林になって環境に影響をもたらすことですかね。
家庭菜園レベルであれば問題ないでしょうが、1ダースの種イモから収穫される量はかなりのもので、作りすぎに注意というところでしょうか。


スポンサーサイト

カブサラダ

この時期、シンプルでとても美味しいのがカブサラダ。
カブの玉を薄くスライスして皿に並べ、その上に細かく刻んだ葉っぱを載せる。
その上におろしニンニクをまぶして、オリーブオイルとポン酢しょうゆをかけて終わり。
庭からカブをそのまんま一つ採ってきて、すぐにできるので、我が家の定番料理ですが、
先日、お客さんに出しても好評でした。

狂い咲きと芋の芽

最近、桜が全国的に狂い咲きしているようですが、先月から収穫してきたサツマイモにも同様な異変を感じています。今年は暖かくなったのが早く、農作物は1カ月前倒しという傾向がありましたが、冷え込みは遅く、まだサツマイモは休眠状態に入らずに目覚めたままといったところでしょうか。芽を出してしまうものが多くみられます。食べるのも、十分に休眠させて大幅に先送りしてからの方が良さそうです。5度前後に下がると腐りだしてしまうので、低温過ぎるのもダメですが、20度を超えてしまうぐらいの室内での保管も厳しい感じがします。

オオゴキブリ

普段は森の中の朽木で暮らしているらしいが、今日は、玄関を出たら発見。
あまりにも真っ黒で、厚みがあり、デカい。
ワシントンDCのスミソニアン博物館で、世界最大のゴキブリを生きた状態で触れたことを思い出した。

http://www.insects.jp/kon-gokioo.htm

古代エジプトの驚きの医療

ビジネスジャーナルに「古代エジプトの驚きの医療」というテーマで寄稿しました。
ご一読頂けましたら幸いです。

https://biz-journal.jp/2018/09/post_24912.html


 | ホーム |  次のページ»»